モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

JEAN-LOUIS BALLARINジャン・ルイ・バララン

自家ブドウのみを使用した、「クレマン・ド・ボルドーのトップ生産者」

オーナー ジャン・ルイ・バララン氏

クレマン・ド・ボルドーのトップ生産者!

1990年にA.O.C.に昇格した、クレマン・ド・ボルドーの中でもリーダー的存在である「ジャン・ルイ・バララン」社。彼らの造り出すクレマンの品質への評価は非常に高く、2002、2003年度と2年連続、2007、2008、2009年の3年連続で、フランスで行われるクレマンのみを対象としたコンクール 「コンクール・ナシオナル・デ・クレマン」にて金賞を受賞 しており、名実ともに “ クレマン・ド・ボルドーのトップ生産者 ” といえます。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

100%自社栽培ブドウを使用

ブリュット、ロゼ共に100%自社栽培ブドウを使用 しています。クレマン・ド・ボルドーの生産者としては非常に珍しいことです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

自然の隠れ家が作り出すキメの細かい泡とスッキリとした酸味

ブドウが摘まれてから一年たってから、醗酵が行われます。ワインを澱から取り出すという方法でワインはまず澱引きされ、フィルターにかけられます。ボトリングの際にリキュールが加えられ、泡を生み出します。ボトルは9ヶ月、13度に保たれたセラーにねかされます。その後4〜6週間の間(ヴィンテージによりますが)毎日少しずつ丁寧に手で回転させます。そして市場に出る前に香りを育てるためにキャップシールをつけきれいにした後、しばらく寝かせます。

彼らのワイン造りは、ガロンヌ川右岸の地下の洞窟にある自然の隠れ家(SHELTER)で行われます。20世紀初頭に石灰岩質の土壌から切り出された、地下30mにあるこのセラーは全行程4kmもあり、その低温の安定した状態で熟成を行うことにより、キメの細かい泡とスッキリとした酸の仕上がりが生み出されます。この場所はワインの醸造と泡の育成にとって、非常に理想的な温度条件を備えているのです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

金賞受賞の常連ワイナリー

クレマンのコンクール“コンクール・ナシオナル・デ・クレマン”で金賞受賞の常連ワイナリーです。

 

【金賞受賞年】

 2000

 2002

 2003

 2007

 2008

 2009

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

この生産者の商品を掲載している関連記事はこちら

【ご注意】