モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

クロスター・エーバーバッハ醸造所

Staatsweinguter Kloster Eberbachクロスター・エーバーバッハ醸造所

12世紀以来一度として途切れることなくワイン醸造が営まれてきたラインガウの銘醸

最高責任者 ディータ・グライナー氏

900年以上も一度として途切れることなくワイン造りが営まれてきたラインガウの銘醸畑

エーバーバッハ修道院と醸造所から成るクロスター・エーバーバッハはもともと1135年創立のシトー派の修道院で、1803年に俗化した後は州立醸造所となりました。当初はプロイセン州、1918年以降はヘッセン州に属し運営されていましたが、州政府は決して商売上手ではなく、1998年には財団法人となって醸造所も完全に独立運営されることになりました。


クロスター・エーバーバッハ醸造所は、一つの醸造所が所有する自社畑という意味でドイツ最大の規模を誇ります。総面積197ヘクタールの畑はラインガウ地方とベルクシュトラーセ郡一帯に広がり、中には最上級の区画も少なくありません。セラーやボトリング施設を含む醸造所はエトヴィルの町に集約され、そのすぐ近くには世界的にも有名なクロスター・エーバーバッハ修道院が控えています。1136年に遡るこの修道院はシトー派の修道士によって設立されました。全盛期の12~13世紀には200~300人の修道士たちが常時ここに暮らしていたといいます。

中でも修道僧たちによって開墾され、1230年代に完成されたとされるオルツタイルラーゲ「シュタインベルク」24ヘクタールは最も有名であり、彼らの故郷ブルゴーニュのクロ・ド・ヴージョと様式を同じくする高い石の塀に囲まれた特別な区画です。ラインガウ・リースリングの引き締まった酸味とエレガントでフルーティな風味は抜群です。

 

■最高峰のピノ・ノワールの造り手として

ドイツ ピノ・ノワールの銘醸地として知られるアスマンズホイザー・ヘレンベルグ。特級畑に匹敵するこの冥土の名がつく畑に最も古く最も優良な土地を所有。ブルゴーニュに匹敵する美しいワインを産み出しています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

何世紀にも亘り受け継がれたクオリティへの情熱

品質第一、これが数百年に亘り受け継がれてきたクロスター・エバーバッハのポリシーです。

中世の醸造所

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】