モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

ザ・フェア・ヴァレー・ワインカンパニー

The Fair Valley Wine Companyザ・フェア・ヴァレー・ワインカンパニー

驚きの価格!南アフリカから届いた、真のハイ・コスパ・ワイン

醸造家 アウィー・アドルフ氏

所在地
P.O. Box 583 Suider Paarl, 7624 South Africa 地図を見る>
  • 取扱いワインを見る
  • この生産者の関連記事

南アフリカで非白人労働者との取組。そして旅立ち。

パールの銘醸チャールズ・バック氏率いる“フェアヴュー”で働く非白人労働者トミー・フォルテュイン氏とそのコミュニティー「ザ・フェアヴァレー・ワーカーズ・アソシエーション」によって、1997年フェアヴューや南アフリカ政府の援助を受け非白人労働者によって初めて誕生した、アパルトヘイト撤廃後の象徴ともいえる革新的なワイナリーです。

 

ワイナリーが軌道に乗るまで、フェアヴューのブランドとして準備を進め、フェアヴューと共に学び、経験を重ねることでコストパフォーマンスに優れたワインを産み出してきました。そして2010年、13年の月日を経て完全に独立。

現在は、フェアヴァレー農園内に住む非白人の42の家族によって運営されています。

フェアヴァレーが目指すもの、それは過去に弱い立場であった非白人労働者の未来の姿です。ワイナリーの運営を自分たちで行うことで、次の世代も持続可能なビジネスを続けることが可能となり、平等に仕事につける環境を作り出すことを使命と考えています。
このために、ワイナリーには託児所も併設しており、働きやすい環境がとられています。

また、時を同じくして、同年よりフェアトレードの認可を取り、ワイナリーが目指す『本当の意味での持続可能なワイン造り』に向けて歩み出しています。

 

左:醸造家 アウィー・アドルフ氏、右:マーケティング エノーク・ザレーニ氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

熟練の醸造家が手がける!

フェアヴューでも長年、ワインメーカーとして従事してきた匠、アドルフ氏が総責任者となってワイン醸造に携わります。使用されるブドウは、パールやステレンボッシュで大切に育てられた良質なブドウです。多様なテロワール、恵まれた日照量が生み出す果実味豊かな、それであって品の良いワインがフェアヴァレーの醍醐味となっています。

醸造家 アウィー・アドルフ氏.jpg

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

この生産者の商品を掲載している関連記事はこちら

【ご注意】