Tenuta di Valgiano S.N.C. di Petrini & Cテヌータ・ディ・ヴァルジャーノ

イタリア・ビオディナミ界のパイオニア、「ルッカ」の名匠

ラウラ・コロビアーノ女史

所在地
Via di valgiano 7 55010 Valgiano Lucca, Italia
地図を見る>
Website
http://www.valgiano.it/
  • 取扱いワインを見る
  • 動画を見る

イタリア・ビオディナミ界のパイオニア

フィレンツェから西へ約60km、のどかな田園地帯であるルッカ。

このピッツォルネ山脈の麓に広がるルッカの素晴らしいテロワールに、幼いころから人知れぬ憧れを抱いていた「テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ」のオーナー、モレノ・ペトリーニ氏。あのスーパーエノロゴ、ルカ・ダットーマらと共にこの地を訪れ、彼らの助言に背中を押されるようにこの憧れの地に1993年ワイナリーを設立しました。

そして翌年よりワインづくりを開始。僅か10年弱でトップ・ワイナリーの仲間入りを果たしました。

当初から周囲の環境に影響されることなく有機栽培を行ってきましたが、ビオディナミのセミナーに参加したことがきっかけでこの未知なる農法を試験的に実践。するとブドウ畑の葉の緑がより濃くなり樹勢が非常に良くなったことから、2000年より完全にビオディナミ農法に切り替えることを決意しました。2000年に本格的に導入したヴァルジャーノは、イタリアにおいては数少ないビオディナミ農法による生産者の一つにもなっており、イタリアのビオディナミ界においては、まさにパイオニア的存在です。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

会社経営から一転、夢をかなえた

ワイナリーを設立する以前は、工業製品の製造会社を経営していました。そして、その後、幼い頃からの夢であったワイナリー開業が現実のものとしたのです。オーナー自身は醸造家の資格はありませんが、エノロゴのサヴェリオ・ペトリッリ氏とは最高のチームワークでもって、共にワイン造りを行っています。元々、生活の中に自然的な部分を持っていたので、有機栽培やビオディナミ栽培を始めてからも、本人自身の生活に大きな変化は無く、いつもごく自然に生活しています。

 

自社以外で好きなワインは、フランスワイン、特にボルドー、との事。そして、オーナー夫人がピエモンテ出身の貴族なので、ピエモンテのワインも好きなのだそうです。オーナー夫人も熱心に、ワイナリーの運営、ワイン造りを行っています。


オーナー:モレノ・ペトリーニ氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

これまでの有機栽培によって造られたワインのイメージをことごとく覆してきた

彼らの魅力はなんと言っても、“ セカンドラインのコストパフォーマンスの高さ ” にあるといえます。完成度が高すぎて、セカンドラインというその域を超越していると言っても過言ではないでしょう。イキイキとした酸と広がる果実味。深く底の方から上がってくる独特のミネラル感に柔らかく丸いタンニンとふくよかなボディ。ヴァルジャーノの魅力は、これまでの有機栽培によって造られた「バランスの悪い粗野なワイン…」というイメージを、ことごとく覆してきました。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

小規模生産者だから可能な究極の品質追求

■経営形態:家族経営

  小規模生産者だから可能となる、究極の品質追求を行っています。


■ワイナリー設立時のエピソード
当時、著名な醸造家をエリアに招いて土地についてコンサルタントを受けましたが、多くの醸造家はかなりネガティブな意見でした。その中でキアンティ・クラッシコの生産者、カステッロ・ディ・ヴォルパイアの醸造を担当していたサヴェリオ・ペトリッリ氏だけがこのエリアのポテンシャルを提言してくれました。これ以後、彼にコンサルタントを依頼し、現在に至っています。彼の発言が無ければ、今のヴァルジャーノは無かったかもしれません。現在、ペトリッリ氏は専属エノロゴとして活躍中です。

※現在は、ルカ・ダットーマ氏と個人的な付き合いはありますが、業務提携はありません。

 


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

テロワール至上主義

■ ワイナリーの哲学 
ワイン造りの基本ポリシーは、「自然との共存」 「テロワール至上主義」
また、世界の市場に於いて、多くの人に広く認められるワイン造りを目指すことです。

 

■ ワイン造りで目指すこと
可能な限り素朴、シンプルに行い、そのワインがヴァルジャーノで育てられたブドウから造られたものであることを表現することです。他にはない、ヴァルジャーノのワインだけが持っている、独自の魅了される味わいがワインの中にあることを感じて頂きたいです。

 

① ブドウ品種

② 天候

③ 土壌

これら3要素が最大限にポテンシャルを発揮するように手助けするのが我々の役割。

だからこそ、我々の『理解力』が重要であり、ワイナリーで差が出るのはこのポイントと言える。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

土地の名前にちなんで名づけられたワイナリー

■名前の由来

 パリストルティ ・・・畑のある場所の名前。
 テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ・・・ワイナリーのある地域名が「ヴァルジャーノ」なので、土地に因んで名づけました。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

地中海性気候で、海から程よい位置にある

■ 気候:地中海性気候

 かなり豊富な日照量から、ポリフェノールが理想的に完全に成熟します。


■ 地形による影響
 海側・・・ティレニア海 → 温暖で安定した気候をもたらす。 
 山側・・・ピッツォルネ山脈 → 背後にある山は、北部からの北風を押しとめ

                極度の寒さから守る。また気温に寒暖差をもたらす。

■ 畑の向き:

 南向きの急斜面を利用したブドウ畑で、日照量が豊富。

 

■他のトスカーナの銘醸産地と比較して、土地的、気候的に優れている点
 内陸ほど寒くならないし、海沿いほど暑くならない。ちょうど良いバランスの気候がある。
「絶妙なバランス」、「心地よく上品なサンジョヴェーゼワイン」や「香り高くバランスのよい白ワイン」が造られる所以である。 

 


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ブドウ栽培に適した土壌

基本的には肥沃ではない。複雑な土壌です。砂とアルベレーゼの岩があり、粘土質に石灰質がバランスよく入っています。ガレストロはありません。

 

氷河期が終わる前の二百年万年前、サナ川の流れは砂岩と小石、粘土質のアルベレーゼの岩の散らばる平野を形成しました。現在、川はブドウ畑の30mほど低いところにあります。谷の中では、広大なカパンノリ平野(標高16m)は、より土質の良い沖積堆積物で構成されます。表土から1メートル地下にある土壌は、石灰を含む粘土質であり、非常に乾燥する年には、水を蓄えることが出来ます。表土では、砂質、酸性の沖積層が過剰な水分を分散させ、豊富なミネラル分はワインに特性を与えます。秋にたくさんの降雨があった場合は、スムーズに排水します。    ※アルベレーゼ・・トスカーナに多い土壌。アルカリ性の硬質の砂と石からなる

 

ブドウ栽培には非常に適した土壌であり、この特殊な土壌から生まれるブドウから造るワインには、
まさに「独自の個性=テロワール」が明確に反映されています。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ビオディナミの先駆者

■イタリア ビオディナミ生産者の先駆者といわれる理由
1993年にワイナリーを設立した当初から、有機栽培を実践していました。その後、2000年からはビオディナミ栽培に転向。当時のイタリアでは、「ビオディナミ」という考え方は一般的に根付いておらず、イタリア全土で10軒にも満たないごく一部のワイナリーだけが関心を持っていました。テヌータ・ディ・ヴァルジャーノもそのうちの一つでした。これがイタリアのビオディナミの先駆けといわれる所以です。

ビオディナミ栽培を開始して10年が経過以上がしましたが、現在でも更なるポテンシャルを実感しています。今後もワインの品質向上に大きな期待を持っています。

なお、この事実からビオディナミ栽培を実践しているワイナリーとしては経歴が長く、ワインジャーナリストやワイン評価誌からは、高く評価されている銘醸ワイナリーです。自然派の枠だけに収まらず、イタリアワイン界ではその功績から注目を集めリスペクトされています。

また、ジャーナリストやメディアの高評価を目的として、ビオディナミ栽培を始めた生産者ではありません。現在の市場では、「自然派」というカテゴリーが確立していますが、このカテゴリーが出現するずっと以前から、自然な栽培を行ってきました。
全ては、ヴァルジャーノの土地で生まれたブドウの個性をワインの中にも表すこと。この目的と結果をさらに向上させるためには、徹底的に高品質の原料ブドウを作ること。ビオディナミ栽培法は、ワイナリーの目的にかなっており、立派な高品質ブドウを収獲することが出来ています。さらにはまだ向上するポテンシャルを感じています。

 

■ イタリアのビオディナミ事情
イタリアの場合、畑での細やかな仕事が基本となるため労働コストの問題や、手入れの難しさ、また宗教的な祭事を行わなければならない点が、イタリア人の性格にあまり合わないのか、イタリアで完全にビオディナミを実施しているワイナリーは、かなり少ないのが実情のようです。それ故、2000年に本格的に導入したヴァルジャーノは、今ではイタリアにおいてはビオディナミ栽培法を実行した、数少ない歴史のある生産者の一つにもなっています。経験値が豊富な上に素晴らしいワインを造っています。

 

■ビオディナミカレンダーとオーナーの生活
ビオディナミカレンダーに沿っては生活はしていません。ビジネスを行う部分で無理が生じるからです。

 

■ ビオディナミ栽培法の取り組みと今日の状況
ワイン造りで目指すことに大きく関係します。ビオディナミ栽培を行うことを目的としていません。
ヴァルジャーノという土地のテロワールの最大に表現するため、最高品質のブドウを収獲することを目的として、ブドウ樹の栽培方法には、ビオディナミを含む、細心の注意と、入念な手入れを施す農耕法を採用しています。
醸造所での作業は、伝統の手法でおこない、現代の科学技術の介入は最小限に止めています。

現在、ビオディナミ栽培を行う上で問題点や課題は全くなく、さらには年々ブドウ畑の状態が良くなっています。今後も品質の向上に期待できます。


Q. ビオディナミ栽培を始めた当時に感じた、一番大きな変化は?
畑のブドウの葉っぱの色がより濃くなり、樹勢がより強くなりました。これらの利点をうまくブドウに向けることでことで、質の高いブドウを作ることが可能となっています。

 

Q. ビオディナミ栽培で一番手の掛かることは?
カレンダーを尊重することです。畑を常に見なくてはなりません。このため通常の栽培方法よりも、より多くの畑での作業が必要となります。

 

Qブドウ栽培で一番気を使う点は?
ブドウ樹の健全なバランスをとる事。特に葉の成長と葉の量に気を遣います。

 

Q.畑で一番大切な仕事は何でしょうか?
ブドウの樹との対話。常に樹の状態に気をつける。

ビオディナミ栽培で使用する、プレパラシオンはよく効いています。畑の中には、主に豆類のみを栽培しており、あとは自然の草花が咲いています。

 

■ヴァルジャーノのサンジョヴェーゼの個性。他のトスカーナの産地と比べての違い。
トスカーナの内陸よりは、ふくよかな果実味になる。タンニンも柔らかい。

 

■ 白ブドウの栽培品種の種類が多い理由。
白ブドウは香りが様々で面白い。パリストルティ・ビアンコもこのアロマを楽しむためにブレンドしています。

 

■ 自然派団体 「ルネッサンス・ド・アペラシオン」 runessance de apperacion  
http://www.biodynamy.com/prochaines-degustations_en.php
現在、イタリアのワイナリーは約33社が所属しています。 
モトックス取り扱いワイナリーでは、サンジュゼッペも加盟しています。
自然派団体 「ルネッサンス・ド・アペラシオン」のプロモーションイベントにも積極的に参加中!
Return to Terroir - La renaissance des Appellations
ボルドー、ロンドン、メルボルンなど、世界各都市でのイベントにも参加。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

フランス文化の影響を色濃く残す地域ルッカ、それ故、シャルドネも公式認定品種となっているDOC

■ D.O.C. Colline Lucchesiについて
ルッカはトスカーナの中でも中世からワイン造りが盛んだった土地。歴史上では、19世紀、ナポレオン・ボナパルトがヨーロッパの覇権を握っていた時代にルッカ一帯を支配していました。特にフランスの影響が強い場所。 現在のトスカーナでは、いち早くメルロー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨンが植えられた土地です。
日本市場ではこのDOCワインの流通量が少ないので、珍しいワインといえます。

この地域に於いても、サンジョヴェーゼとトレッビアーノ・トスカーノが主なブドウ品種です。熟成させることにより、より上質で洗練された味わいをもたらしています。特に、香りが深くフルーツと共に野菜や草を思い起こさせる強い香りを感じます。

 

■ Colline Lucchesi DOCの規定
・ 法令1968年5月28日 
・ 生産地域:ルッカ県のカパンノリ、ルッカ、ペルカーリの地域。
・ 収穫量:最大 10トン/ヘクタール
・ 飲み頃: (白)平均1年、(赤)平均2~4年 ヴィンサント、オッキオ・ディ・ペルニーチェ:4~8年

黒ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、メルロー、カナイオーロ、チリエジオーロなど
白ブドウ品種:トレッビアーノ・トスカーノ、グレコ又はグレケット、ヴェルメンティーノ、マルヴァジーア・ビアンカ、シャルドネ、ソーヴィニヨン

★ソーヴィニヨンやシャルドネが、DOCの公式認定品種になっているのが珍しい!
しかもトスカーナの白としては、パリストルティ・ビアンコは間違いなく逸品です!!!
トスカーナ産としては、強いアロマ、絶妙なバランス、果実の複雑味がきっちりと現れていて、正に匠の造るワインといえます!

 

■ D.O.C. Colline Lucchesiの他の生産者: モンテキアリ、ラ・トッレ、コッレヴェルデなど。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

全て、赤ワインは足でピジャージュを行う

・全ての赤ワインは、足でピジャージュを行っています。
・酵母: 当然だが天然酵母
・SO2使用量: 醗酵時、瓶詰め時にごく少量。
・複数のブドウ品種をブレンドするタイミング:ワインが出来上がってから。
・ワイン醸造上、一番気を使う点 : 余計な酸化をさせないこと。瓶詰め。

 

タンクへの輸送はブドウに負荷のかかるポンプは使用せず、人力で運びます。醗酵は、1000-3000リットルの小さい木桶で行います。最初の櫂入れ作業は、人の足で行い、その後毎日行うパンチングダウンは、金属性の櫂(バトン)を使用します。マセラシオンの長さは、約6~18日間程度で、畑の区画ごとの状態、そして、その年の出来栄えによって決定します。この手作業による醸しの工程の意味は、過度の成分抽出を避けことを目的とします。ヴァルジャーノのブドウは色とタンニンが非常に豊富です、それゆえに香り高い特性を引き出すレベルに到達したら、ワインを桶から排出、移動させます。

 

電気ポンプは一切使いません。ワインに不必要な負荷を与えないためです。ブドウは常に優しく扱います。全ては、テロワールの個性を壊さないためです。
桶から抜き取るワインは、高低差を利用して自然な重力によりバリック樽へ移動させます。マロラクティック醗酵は、クリスマスの前に行います。毎年、バリック樽全体の5分の1は新樽を使用します。木樽は繊細な風味のものを使用します。これは樽によってワインの特性が変わることの無いようにするためです。冬期は、ワインは澱と共に保存され、2月~3月に行うラッキング(澱引きの為のワインの移動)はポンプを使用せず重力を利用して行います。その後、15~18ヶ月の熟成期間となります。セラー内の温度は18度以上になることはありません。ヴァルジャーノのワインがもつ凝縮されたタンニンは、じっくりと熟成期間を設ける必要があり、これは正に厳格なワインを生み出す要素なのです。この厳格なタンニンを和らげる最新技術もありますが、ヴァルジャーノではテロワールの特性を表したワインを尊重しているので行いません。

 


 

 


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

「房の単位」ではなく、「粒の単位」で選別

熟練したスタッフが、丁寧に手で収獲を行います。

殆どの工程を手作業で行うので、スタッフの手がすっかりワイン色に染まります。

特に自然なワイン造りは、畑での労働が多く、根気、集中力、体力が勝負。

それでもスタッフのメンバーは楽しんで作業を行っています。

 

また、収穫時の選別作業は、ブドウの房単位ではなく「粒の単位」で選別。
これが人の手による、究極のセレクション!究極のワイン造りです!
これは、ボルゲリの銘醸ワイナリー、レ・マッキオーレでも同様に行われている作業です。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

醸造も自然体に

やはり、醸造のこだわりも「自然体」であること。
全ては、この土地のブドウ特性を尊重するため!
醸造作業は、伝統の手法でおこない、現代の科学技術の介入は最小限に止めています。ワイン造りの目的は、可能な限り素朴、シンプルに人の手で行い、そのワインがヴァルジャーノという土地で育まれたブドウから造られたものであることを表現することです。(テロワール主義)


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

SO2の使用は極限に少なく

瓶詰め作業は、春期の後半に行います。時折、瓶詰め前には荒いフィルターを使用する場合があります。二酸化硫黄の使用は、極限にまで控えています。これは、出来うる限りテロワールの特性を尊重するためです。ガラス瓶は無塩素の水で洗浄します。瓶詰め後は1年間をセラーで瓶熟成します。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ガンベロロッソを始めとした評価誌で高評価

テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ:

 『神の雫』モーニング掲載 2011年1月15日号 12.23発売分

 

■ガンベロロッソ イタリア スローフード協会主催 イタリアワインガイド
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノは連続年、トレビッキエーリを受賞中!
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ 2008、2007、2006、2005、2004、2003、2001
※2002年はイタリアにおける苦難のヴィンテージとなりました。例えば、ブルネッロの生産者がブルネッロを造ることが出来なかったり、バローロの生産者も極端に生産量が少ないです。
パリストルティ赤・白も、連続年、2ビッキエーリを獲得中!

 

■ガンベロロッソ2012
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ 2008 3ビッキエーリ
パリストルティ・ロッソ 2009 2ビッキエーリ 
パリストルティ・ビアンコ2010 1ビッキエーリ

 

■ガンベロロッソ2011
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ 2007 3ビッキエーリ
パリストルティ・ロッソ 2008 2ビッキエーリ 
パリストルティ・ビアンコ2009  2ビッキエーリ

 

■ガンベロロッソ2010
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ2006  「3ビッキエーリ・プラス!!!」 これは凄い評価!!!
※最高評価の中で、本誌監修者の選りすぐりのワイン!最高賞の中で、際立ってよいワイン!
パリストルティ・ロッソ 2007  2ビッキエーリ
パリストルティ・ビアンコ2008 2ビッキエーリ 
例えば、分かり易い参考例として、モトックスワインで価格の近いもので言えば、パレオ・ロッソ2006(2ビッキエーリ)、ジュスト・ディ・ノートリ2007(2ビッキエーリ)よりも高い評価なのです。
2010年度、ディレットーレ(=本誌監修者)が選ぶ、3ビッキエーリ・プラスは、僅か31銘柄のみ!
2010年度 試飲アイテム 18,000本  生産者数:2,253者
トレビッキエーリ:391銘柄の中で、選りすぐりの トレビッキエーリ・プラス:31銘柄

 

尚、他の銘柄にはこんな超一級品があります。早々たる面々!
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノは、これらと並んでイタリアの頂点に輝くワインなのです!!!
• サングイド サッシカイア06
• ブルーノジャコーザ バルバレスコ・アジリ05
• ガヤ ランゲ・ネッビオーロ ソリ・ティルディン06
• ジャコモ・コンテルノ バローロ カッシーナ・フランチャ05
• クインタレッリ レチョート 97
• チェルバイオーナ ブルネッロ04
• ポッジョ・ディ・ソット ブルネッロ04

 

■ガンベロロッソ2009
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ 2005 3ビッキエーリ
パリストルティ・ロッソ 2006 2ビッキエーリ 
パリストルティ・ビアンコ2007  2ビッキエーリ

 

■ガンベロロッソ2008
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ 2004 3ビッキエーリ
パリストルティ・ビアンコ2007  1ビッキエーリ

 

 

【イタリアソムリエ協会発行 ワイン評価ガイド】 

●ドゥエミラヴィーニ 2012
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ 2008 最高評価゚5ブドウ房
パリストルティ・ロッソ 2009 4ブドウ房
パリストルティ・ビアンコ 2010 3ブドウ房

 

●ドゥエミラヴィーニ 2011
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ 2007 4ブドウ房
パリストルティ・ロッソ 2008 4ブドウ房 ※なんと!ヴァルジャーノと同評価です!!!
パリストルティ・ビアンコ 2009 4ブドウ房

 

●ドゥエミラヴィーニ 2010
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ 2006 4ブドウ房
パリストルティ・ロッソ 2007 4ブドウ房  ※なんと!ヴァルジャーノと同評価です!!!
パリストルティ・ビアンコ 2008 3ブドウ房

 

【エスプレッソ誌 イタリアワインガイド】

●エスプレッソ 2011  
ワイナリー評価 : 星付き!3★評価中1つ★
選りすぐりのワイナリーにしか星は与えられない。一つだけでもなかなか与えられることが無く、造り手としての評価がとても高い証です。
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ 2007 5ボッティリエ 最高賞!!! 
この最高賞は本当になかなか獲得できません!
パリストルティ・ロッソ 2008 2ボッティリエ
パリストルティ・ビアンコ 3ボッティリエ

 

●エスプレッソ 2010
ワイナリー評価 : 星付き!3★評価中、1つ★
テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ 2006 4ボッティリエ
パリストルティ・ロッソ 2007 3ボッティリエ
パリストルティ・ビアンコ 2008 2ボッティリエ

 

【注目です!!!】ワイナリーのポリシーが見事に評価されています!
一番信頼度の高いと言われている、エスプレッソ誌が絶賛しています!

● エスプレッソ誌 イタリアワインガイド 日本語版より抜粋 2010年度版
『テヌータ・ディ・ヴァルジャーノは、1990年代初頭に誕生した。モレーノ・ペンドリーニとラウラ・ディ・コッロビアーノは、醸造家サヴェリオ・ペトリッリの助けを得て、高品質のワイナリーを作り上げ、入念で平凡ではないワインを造っている。土壌のタイプに最も適した品種を植えるための研究と直感と、2001年から実行されているビオディナミ栽培により、ワインはより一層の個性を持つようになった。特に、テヌータ・ディ・ヴァルジャーノは素晴らしい魅力を持つワインで、羨望に値する自然さがある。
それほど、記憶に残るヴィンテージではないのにもかかわらず、テヌータ・ディ・ヴァルジャーノは躍動感と表現の鮮明さで輝いている。』

 


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。