モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

Domaine Gilles Robinドメーヌ・ジル・ロバン

土とブドウへの敬意を大切にする、クローズ・エルミタージュの名手

オーナー醸造家 ジル・ロバン氏

所在地
55 Chemin des Sarments Les Chassis Sud 26600 MERCUROL-VEAUNES
  • 取扱いワインを見る

ドメーヌの歴史

ドメーヌの歴史はまだ浅く、1996年に現当主ジル・ロバン氏によって設立されました。しかしその起源は彼の曽祖父がこの土地に初めて畑をつくった1920年まで遡ります。その当時はブドウではなく、より換金性の高かった桃やアプリコット、チェリーなどを栽培し、協同組合に販売していました。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

祖父から受け継いだワイン造り ― ジル・ロバン氏の経歴

ジルの祖父アルベリック・ブーヴェ氏は、畑に対する愛情をジルに伝えました。ジルは祖父から受け継いだワイン造りへの情熱を胸に、モンペリエでワイン醸造について学びます。サヴォワで醸造コンサルタントとして3年間の経験を積んだのち、父親からの打診がありドメーヌに戻ることになりました。その時にドメーヌは協同組合を脱退し、ジルは自身のワイナリーを立ち上げました。当初は4.5ヘクタールの畑を所有していましたが、少しずつ拡大し、現在は18ヘクタールを所有しています。

オーナー醸造家 ジル・ロバン氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

「土とブドウへの敬意」、有機農法の実践

設立当初から有機農法を実践し、2012年にエコセール認証を取得しています。有機農法の道をたどったのは、祖父から教えられた、土壌とブドウの樹に敬意を払う事(大切にすること)を実践するためですが、彼自身も、有機農法こそが畑の力をより強く発揮し、ワインの品質を向上させると考えています。

 
全て手作業

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】