モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

ブティノ

Boutinot Ltd.ブティノ

醸造家 ドノヴァン・レール氏

所在地
2-4 Brook House, Northenden Road, Gatley, Cheadle SK8 4DN, UK
  • 取扱いワインを見る

南フランスの名門、ブティノが南アフリカで最高峰のシラーを生み出した!

創業者のポール・ブティノ氏は、世界の美食が集まるロンドン高級地区で成功を収めるレストラン経営者の息子として生まれました。彼の食とワインへの情熱は深く、やがてその思いは「品質が高く飲み頃でしかも手頃な価格」というレストランで飲まれることを意識したワイン造りへと発展し、ソムリエの注目を集めます。ワンダリング・ビーストはブティノが南アフリカ、世界屈指のスレート、頁岩土壌を有するシラーの銘醸地「スワートランド」のテロワールに目を付け産み出したブランドです。 

初ヴィンテージの2013年がデキャンター誌の南アフリカシラー特集で、最高評価のアウトスタンディングを獲得。堂々のデビューを果たしました。

また、コスパに優れるシリーズ「ケープ・ハイツ」には、「ワンンダリング・ビースト」とは別の醸造チームが専属でワインを仕込みます。「ケープ・ハイツ」は、西ケープ州で栽培されるブドウから果実味が豊かでありながら、フィネスを兼ね備えた味わいのヨーロピアンテーストなバラエタルワインで、低価格でありながら多くの金賞を獲得する高評価ワインとして、イギリスで大人気のブランドです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

南アフリカ期待の天才醸造家ドノヴァン・ラール氏

南アにこの人有りと称される醸造家イーベン・サディー氏と共に学び、南ア屈指の醸造家に成長したドノヴァン・ラール氏。

自身の名を取ったラール氏の個人ブランド「ラール」は2015/2016年度ティム・アトキン氏による南アワインリポートで1級格付け評価を獲得。銘醸ワイナリーの仲間入りを果たしたことでも話題となっています。ワンダリング・ビーストはラール氏が南フランスの名門“ブティノ”と組んでうみ出した、限定生産4000本の濃厚で特別なシラーとなっています。

醸造家

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

Beeste 「ビースト」とはアフリカ語の牛の意味

南アフリカで家畜として飼われている、やせた牛をモチーフにデザインされたラベルです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

キーワードは茎の熟度。夜間手摘みで収穫されたブドウは、更に厳しく選果され、

全房醗酵(天然酵母100%)により見事なタンニンと輝かしい酸が引きだし生み出されます。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】