チョカパーリャ

Quinta de Chocapalhaチョカパーリャ

リスボンの海が育んだ爽やかなワイン

醸造家:サンドラ・タヴァレス・ダ・シルヴァ氏

所在地
2580-081 Aldeia Galega da Merceana,PORTUGAL
  • 取扱いワインを見る

ポルトガルの歴史ある土地に復活した、新たなワイナリー

ワイナリーが所有している畑は16世紀から知られており、非常に歴史のあるものです。チョカパリーヤは元々ポルトガル王の忠臣だった、ディオゴ・ダフというスコットランド出身の男性が所有していましたワイナリー。現在のオーナーがこの土地をディオゴ・ダフの子孫から引き継ぎ、そこから素晴らしいワイン造りの道が開けていきました。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

目に楽しいラベルの秘密

このお洒落なラベルのメインコンセプトは、チョカパーリャのワインに多大な影響を与えている大西洋です。

 

商品名であるマール・デ・リスボアは「リスボンの小さな地中海」とも言われるリスボンの目の前に広がる海を意味します。ラベルに描かれた魚は、その海の土着の魚(Caboz:トビハゼの仲間)、そしてキャップシールは海岸線に点在する灯台をイメージしています。

 

デザイン性に優れているのはもちろんのこと、テロワールを思い起こさせるようなストーリー性のあるラベルに仕上がっています。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

大西洋の恵みを受けるテロワール

チョカパリーヤが所有している畑はすぐ近くの大西洋に大きな影響を受けることで、特別なテロワールを形成しています。

冷涼な気候、そして海から吹く風がブドウをゆっくりと健康的に熟成させ、素晴らしい酸と絶妙なアルコール感をもったワイン造りを可能にしています。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

粘土・石灰質土壌

区画による様々な細かな違いはありますが、土壌は粘土・石灰質土壌です。

 

ワイナリーの所有する畑は丘の上に広がり、トータルで45haになっています。白ワイン用のブドウ品種は北向きに、赤ワイン用の黒ブドウ品種は北西向きに植えられています。

栽培密度は平均すると4000本/haです。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

魚料理によく合う。「リスボンの海」に育まれたワイン

醗酵は基本的に28日間ステンレス・タンクで行われ、その後シュール・リー(澱と共に)で4ヶ月熟成されます。

 

彼らの造りだすワイン、「マール・デ・リスボア 白」は、シトラスやトロピカルフルーツなどのフレッシュかつアロマティックな香りが特徴的。味わいはフレッシュかつミネラル感がしっかりと表現されたスタイル。お寿司や焼き魚をはじめとする魚料理にはもちろん、チーズやリゾット、サラダや軽いお肉料理など、バル料理にもよく合います。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。