モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

Chateau Roques Mauriacシャトー・ロック・モリアック

「ボルドー・スペリュールのトップ生産者の一つ」と
デキャンター誌も注目のカベルネ・フランの使い手!

オーナー兼醸造家 ヴァンサン・レヴュー氏(右)とその妻シルヴィ・レヴュー氏(左)

  • 取扱いワインを見る

2代目にして、すでに世界に注目されるシャトー!

1975年、アントル・ドゥ・メールのラニェ(サン・テミリオンとドルドーニュ河を挟んで向かいに位置)にエレーヌ・レヴュー氏によって設立されたシャトー。現当主、ヴァンサン・レヴュー氏で2代目となり、歴史はまだまだ浅いシャトーです。

シャトー・ロック・モリアックが世界的に知られる転機となったのは、2003年にヴァンサンがシャトーを引き継いだこと、そして、ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたことのある敏腕コンサルタント、オリヴィエ・ドーガ氏とのコラボレーションをスタートさせたことです。サン・テミリオンの向かいという高いポテンシャルを持ったテロワールと、オリヴィエ・ドーガ氏の経験値、そして当主ヴァンサン・レヴュー氏の若いインスピレーションが融合し、かのデキャンター誌からも注目されるワイナリーへと変貌を遂げたのです。

彼らを見守る、50ヘクタールの畑に囲まれたこの美しいシャトーは、20世紀初頭に建てられたものです。

 

自然に囲まれた美しい建物

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

アントルでは珍しい、高いカベルネ比率の理由とは?

彼らのワインを一口飲めば、サン・テミリオンにほど近いこの粘土石灰質土壌の畑が、とても高いポテンシャルを持っていることがすぐに分かるでしょう。しかし、美味しさの秘密はテロワールだけにありません。

ロック・モリアックの特徴として、メルローの比率が高いアントル・ドゥ・メールでは珍しく、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が高いことが挙げられます。

メルロー種は早熟なため、一般的に栽培がしやすい品種です。またフルーティーで柔らかい味わいのワインに仕上がるため、「質より量」を重視されがちだったアントル・ドゥ・メールではメジャーな品質です。対してカベルネ種は、メルローに比べて熟すのに時間がかかり、タンニンが出やすく、どちらかと言うと「硬い」ワインに仕上がります。「飲みやすくてお手頃」なイメージが強いアントル・ドゥ・メールでは、比較的敬遠されがちな品種なのです。

しかしヴァンサンはカベルネ種、特にカベルネ・フランにこだわります。デキャンター誌のインタビューで彼はこう語っています。『多くのワイナリーが、ファースト・ワインにはカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローをメインの品種にしている。実際、大学でもその二つをどう活かすかを教えてこられたからね。でも私は、カベルネ・フランで同じことをすることに意味があると思っているし、カベルネ・フランが、それら二つの品種と同じように素晴らしい輝きを放つ品種であることを伝えたいんだ。補助品種や、ロゼ用品種ではなく、ね。』

果実味たっぷりの、凝縮したブドウ

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

『ボルドーのアイデンティティを守りながら、人と違うことがしたい』

その言葉は、ワインにも表れています。ワイナリーのメイン・ブランド、「シャトー・ロック・モリアック(正式名称はRoques Mauriac Grand Vin)」シリーズでは50%もカベルネ・フランを使い、さらにフラッグ・シップとなる「ダムナシオン(Damnation)」では85%と非常に高いカベルネ・フラン比率です。

そして彼の言葉は現実のものとなります。85%カベルネ・フランを使用したダムナシオン2005ヴィンテージ(なんと2ヴィンテージ目)が、デキャンター・ワールド・ワイン・アワードで、数倍の値段がつく格付けシャトーたちを抜いて金賞を受賞したのです。世界の目は一気に、ヴァンサン・レヴュー氏に注がれることになったのです。

彼らが目指すのは、お客様に“フレンドリー”なワインを届けることです。それは、果実味がたっぷりと詰まったモダンなワインでありながら、ボルドーらしい、「クラシックでエレガント」なニュアンスも秘めた、誰もが楽しめるワインということ。そのために最も大切にしていることは、ブドウの凝縮度です。常にブドウ樹に目を光らせ、最高のブドウが収穫されるための準備を怠りません。

ヴァンサンは自身のワイン哲学について、こう語っています。『私が大切にしていることは、やはりボルドーのアイデンティティを守ることです。と同時に、人とは違うことに挑戦し続けたいとも思っているよ。もしそれで異端児扱いされたとして、私は全く構わないよ』

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】