モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

パゴ・デ・バリェガルシア

Pago de Vallegarcia S.Aパゴ・デ・バリェガルシア

オーナー アルフォンソ・コルテナ氏

所在地
Finca Vallegarcia s/n 13194 Retuerta del Bullaque Ciudad Real, Spain
Website
http://www.vallegarcia.com//
  • 取扱いワインを見る

最高の場所、最高のメンバーで造るスペインのボルドーブレンド

世界10大石油メジャー、レプソルの元CEOアルフォンンソ・コルティナ氏が2001年に立ち上げた豪華プロジェクトが、パゴ・デ・ヴァリェガルシアです。数々の企業のトップを務め経済界にも多大な功績を残してきたコルティナ氏には、一方で純粋なワインラバーとして長年ブルゴーニュとボルドーワインを愛飲してきました。そしてその思いはやがてワイナリー設立へとコルティナ氏を駆り立てることになります。

 

1997年に「モンテス・デ・トレド(以下トレド山地)」に家族が代々所有してきた土地にワイナリーに世界的に有名なオーストラリア人栽培コンサルタント、スマート・ダイソン氏を迎え入れ、最高の畑作りに着手します。2年後には最初の畑が整い、2001年に初収穫。以降4年間は近隣のワイナリーの施設を借りて、ワイン造りの実験を繰り返しました。1999年、醸造にはメドックの守護神の異名を取るエリック・ボワスノ氏を迎え入れ、スペインで見事なボルドーブレンドのワインを造りだすことに成功しました。

 

ワイナリーがあるトレド山地は、イベリア半島で最も小さな山脈ですがその複雑な地形と古代からの堆積物で知られ、特に畑のあるラニャ区画は北にカバニェロス国立公園、南に渓谷と山々を擁し、世界的に見ても特別なテロワールとして魅力を放っています。この稀有な隠れた地で動き出した夢のプロジェクトは、馬をシンボルとした美しいラベルとともに世界で愛されています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

シンボルの馬

パゴ・デ・バリェガルシアを象徴する馬のシンボル。

これは美術品の収集を趣味とするオーナー、アルフォンソ・コルティナ氏の自宅に飾られている馬の彫刻に由来します。ラベルのデザイナーが自宅を訪問した際、この馬の彫刻にインスピレーションを感じ、ワイナリーのロゴとして、そしてワインのラベルに使うことになったのです。

オーナーのご自宅

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

プロが手入れをする稀有な畑

ワイナリーの畑があるモンテス・デ・トレドの標高850メートルの高地には、他にブドウ畑はありません。この地域の気候は大陸性気候で、非常に暑く乾燥した夏と非常に寒く湿った冬が特徴です。年間降水量は622mm。土壌はイベリア半島でも最も古い山々の浸食でできた強い酸性物質で構成されています。

総面積31haの比較的小さな、しかし稀有な畑は、オーストラリア人の栽培家Dr.リチャード・スマート氏の手により整備され、現在は5つの黒ブドウと一つの白ブドウがコルドン式で仕立てられていますが、剪定はスマート・ダイソン方式と呼ばれる独自の手法が活用されています。

 

黒ブドウ:メルロー、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、プティ・ヴェルドー

 

白ブドウ:ヴィオニエ

 

 

畑は「ラ・ラニャ・デル・フレンソ」という区画(以下ラニャ区画)にあり、この区画はワイナリーの名前にもなったフィンカ・ヴァリェガルシアの入り口にあります。ラニャ区画は、地質学的にはモンテス・デ・トレド地方を形成する石英岩の山塊の浸食による無数の沖積物からなり、地中には石英の層が見られます。ラニャ区画は高原にある平らな地域で南北1.5キロにわたり、、ブドウ畑は14の区画で形成されています。ワイナリーは区画の中央に位置し、完全に畑に囲まれた見事なロケーションにあります。

山間の畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ブドウ本来の味わいを尊重する

セアーでの哲学は明確です。ワイナリーの周囲に広がる優れた畑から丁寧に手摘みで収穫した完璧な成熟状態のブドウは、良いワインになるだけでなく瓶熟、樽熟成のポテンシャルが非常に高いワインになります。セラーではそのブドウの力を尊重したワイン造りを心がけています。そしてブドウ品種ごとの良さをきっちりと表現した味わいであることも、私たちにとっては大切です。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】