モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

シャトー・ニコ

Chateau Nicotシャトー・ニコ

リーズナブルなのに本格派!
アントゥル・ドゥ・メールで守り継がれる小さな家族経営シャトーの
飲み頃カベルネ・ソーヴィニヨン!

オーナー デュブール夫妻(写真は奥様)

8代続く、歴史ある家族経営シャトー

シャトー・ニコを所有するデュブール家の歴史は長く、シャトーの設立は1840年頃。現在のオーナー、ブノワ・デュブール氏で8代目となります。

シャトーはボルドー市から南東に約30kmほどのところにある、アントゥル・ド・メールのカディヤックにほど近いエスクッサンという村にあります。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

カベルネ・ソーヴィニヨン主体にこだわる理由とは?

シャトーのあるアントル・ドゥ・メールという地域では、メルローが非常に多く植えられており、ワインはフルーティーな、早く飲み頃を迎えるタイプが主流です。ところがシャトー・ニコでは、カベルネ・ソーヴィニヨンの植樹率が高いのです。

 

それは、現在のオーナーの祖父の代に畑の改植が行われ、その際にカベルネ・ソーヴィニヨンを多く植えたため。オーナーのデュブール氏曰く、「カベルネのタンニンが熟成を支え、それが程よくこなれることでワインが美味しくなる。造ってすぐに飲めるメルローもいいけれど、私たちが造りたいのはそういうワインなんだ」とのことです。カベルネを多く使うことで、骨格とタンニンのあるスタイルに仕上がります。

 

ブドウの健康を保つため、畝間を広くとり、間に雑草を生やしたままにしてあります。よく手入れされた、自然なままの風景が畑には広がっています。

 

すでに平均樹齢は20年を超え、若木には出せない複雑さも兼ね備えるようになりました。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

シンプルで無駄のない設備

派手さのない、昔ながらの外観の醸造所。その中は、とてもシンプルな構造になっています。こじんまりとした施設内は清潔に保たれ、除梗機からステンレスタンクまで無駄なく配置されています。設備をシンプルにすることは、作業を分かりやすく、無駄のないものにしてくれるといいます。ここにも、オーナー夫妻の人柄がにじみ出ているかのようです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】