モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

パイン・リッジ・ヴィンヤーズ

Pine Ridge Vineyardsパイン・リッジ・ヴィンヤーズ

1979年設立の銘醸蔵。ナパの老舗「パイン・リッジ」!

醸造家:マイケル・ボーラック氏

所在地
5901 Silverado Trail Napa, CA 94558 USA
Website
http://www.pineridgevineyards.com//
  • 取扱いワインを見る
  • この生産者の関連記事

自社ブドウでワインを造る数少ないナパの優良生産者

1978年ナパの銘醸地、スタッグス・リープ・ディストリクトの西側斜面にそびえる松林沿いに、ゲイリー・アンドラス氏によって設立されました。アンドラス氏はボルドーの傑出した品質に強く魅せられ、ナパ・ヴァレーが同じようなポテンシャルを持つ産地であると信じてワイナリーを設立。35年以上にわたりブドウを栽培・醸造する、ナパでは数少ない自社ブドウでワインを造る醸造所です。(白ブレンドのみセントラル・ヴァレーにある契約農家のブドウを使用)

アンドラス氏のパイオニアとしての多大な努力の結果、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドーといったボルドー品種で大きな成功を手にし、他には無い素晴らしいワインをうみ出しました。現在ではナパの5つの銘醸地【スタッグス・リープ・ディストリクト、ラザフォード、ハウエル・マウンテン、オークヴィル、カーネロス】内に広がる、様々な標高や斜面に点在する自社畑(80.9ha)でブドウを栽培しています。

 

継続性とバランスを兼ね備え、そして工芸品のように一つ一つ丁寧に造られてきたワインは、これまで長年受け継がれ、年を追う毎にさらに洗練された姿でアペラシオンの特徴を表現しています。現代的なナパワインとは異なり、テロワールを反映したクラシックな味わいで、旧世界を彷彿させる、洗練された素晴らしいバランス感とエレガンスを兼ね備えて高い評価を獲得しています。

スタッグス・リープ・ディストリクトにあるワイナリー

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

斬新さと持続性、そして伝統

旧世界に代表される伝統的な醸造方法で、高品質なブドウから落ち着きがありバランス感とエレガンスを兼ね備えたワインを産みだすこと。そして、持続性と斬新さのあるワインを追求しています。

醸造家であるボーラック氏は「勿論トレンドは意識しますが、一番大切なことは伝統的で健全なワイン造りを行うというワイナリーの哲学を忘れないこと。」と述べます。『パイン・リッジのアプローチはまるで、大切な食材を最大限に生かそう、輝かそうとする料理人のようだ』と表現する料理人がいるほどです。

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

継続することの大切さ

卓越したワインをうみ出すこと。それは、長い年月をかけて、土地、気候、ブドウ樹の特性を理解して初めて成し得ることが出来ます。そして、テロワールの特徴を見出し、それをワインに表現することは一種の芸術と考えています。この芸術を真に表現することこそが、ワイナリーの願いであり、ワイン造りにおける哲学の柱です。

91haの畑を全て手作業で管理するというのは簡単にできることではなく、時には行き過ぎているのではないかという人もいるでしょう。しかし、パイン・リッジのワインを飲んでいただければ、造り手の意図を理解いただけると信じています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

松林(パイン)が広がる尾根線から名前が付けられた

最初に開墾したスタッグス・リープ・ディストリクトに位置する畑は、丘の上の険しい松林が広がる斜面の尾根線に位置した事から、パイン(松)・リッジ(尾根線)と名付けられました。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

鋭い味覚の持ち主

バーモント州バーリントン出身の現醸造家マイケル・ボーラック氏は、メイン州ポートランドのジャズ・クラブのワインバイヤーとして勤務していた時にアレキサンダー・ヴァレーの醸造所”Murphy-Goode Winery”の創設者の一人、ティム・マーフィー氏に出会います。そして、ボーラック氏の味覚の鋭さに驚いたマーフィー氏が冗談半分で仕事のオファーをしました。

その後、とある記事でシャトー・ペトリュスの醸造家クリスチャン・ムエックス氏のインタヴューに深く感銘を受け、本気で醸造家への転身を決心することになります。

 

”Murphy-Goode Winery”で4年間アシスタント醸造家としての修業に励み、計8年間でピノ・ノワールとジンファンデルを使った新しいワインの開発プロジェクトの責任者にまで上りつめました。

更にボーラック氏は新しい挑戦を求め、最初に感銘を受けたボルドー品種からワインを造るべく、ナパで4番目に古いセント・ヘレナの”Markham Vineyards”で醸造家として4年間務めます。その後8年間を、ラザフォードを拠点とする”St. Supéry Vineyards and Winery”で副社長兼醸造家として、コンサルタントのミッシェル・ロラン氏と共にワイン造りに励みました。南仏をルーツに持つ”St. Supéry Vineyards and Winery”で従事したことから、ラングドックやコルシカ島、シャトーヌフ・デュ・パプ等の畑で収穫されたブドウから、アメリカ市場向けのブレンドやコンサルティングの経験を積む機会も得ました。

そして遂に、2009年、ジェネラル・マネージャ兼醸造家としてパイン・リッジ・ヴィンヤーズに参画。

ムエックス氏の醸造哲学に感動を受けてから22年間のワイン造りの中で、常に初心を忘れることなく今でも総域91ha、5つに亘るアペラシオンに点在する12の最高の畑で産まれるブドウでワイン造りに励んでいます。

それぞれの畑の特徴を最大に表現したワインや、その違いを組み合わせることによってバランスのとれた高品質ブレンドワインを造るという挑戦に意気込んで今のワイナリーへ来ました。

”世界最高の畑”の一つと言われるナパでワインを造れること、そしてそれを共有することができる私は最高の幸せ者です。他の選択肢は今のところ考えられません。」とボーラック氏は言います。

醸造家・ジェネラルマネージャー: マイケル・ボーラック氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

毎日畑歩きブドウと語り合う栽培家

1989年よりナパ・ヴァレーでブドウ栽培に携わってきた、ナパ・ヴァレーの土地と栽培を知り尽くした重鎮です。

長い月日をかけブドウ栽培に向き合ってきた経験から、この地でどうすれば更に質の高いブドウを栽培できるか、畑をどう改善させていくかという事を学んできました。

また一方で害虫やブドウ樹の病気のスペシャリストでもあり、多岐に亘りパイン・リッジのブドウ栽培を支えてきました。

アヴィーニ氏の姿はいつも畑にあります。週に一度は必ず、各ブロックの畑へ行きブドウ樹の状態を確認しています。アヴィーニ氏は「全ての畑の垣根から垣根、ブドウの木々を理解することで高品質なブドウを育てることができる」と、畑への理解の重要性を語ります。

ヴィンヤード・マネージャー グスタヴォ・アヴィーニャ氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

12の自社畑が持つ多彩なミクロクリマ

ナパ地区に点在する12の畑はそれぞれ、標高、傾斜度、向きなどが異なることで、それぞれ違った気候環境を持ちます。それぞれの畑はナパ南方に位置するサン・パブロ湾から立ち上がってくる冷たい霧の影響と、夕刻に東の渓谷から吹きつける冷たい風の影響を受けます。

これにより日中は温暖ですが、夜間には温度がぐっと下がることで寒暖差が生まれ、引き締まった天然の酸を育みます。霧の到達時刻はそれぞれの畑の区画によって異なり、南部のカーネロスは殆ど一日中霧の影響を受けることから、シャルドネやメルロー、ピノ・ノワールに適しています。

同じようにボルドー品種も、それぞれ異なる畑からブドウを栽培することにより、ワインに複雑味を与え、テロワールが表現された高い品質の味わいがうみ出されます。

 

また、気候と同じく土壌環境も重要です。ナパ川の堆積物によってうまれた土壌や、山の浸食によって堆積した土壌、砂利質、粘土質、火山性土壌など、それぞれの区画によって大きく異なります。また、斜面にある浅い土壌や、平地の中程度の深さの土壌など、土壌の深さも多種多様です。気候と合わせて、土壌環境がダイナミックで多彩なブドウを育ててます。

これら点在する畑の特徴を捉え、醸造される原酒をブレンドし複雑味を追求したり、或いは単一地区だけでワインをうみ出すことにより、テロワールを表現した素晴らしいワインをうみだしています。

そしてこの素晴らしいテロワールを知り尽くした人々が、同じ畑で、同じ品種(カベルネ・ソーヴィニヨン)を同じ信念のもと造り続けてきた結果、各ブロックの特徴が最大限に生かされたワインが誕生してきました。

「畑との長い関係を築いてきたことから、各畑やヴィンテージの違いが、最終的にうまれるワインにどんな影響を与えるかを深く理解することができる」と醸造家は言います。

畑のことを良く理解し、それをワインの品質向上につなげるには忍耐と注意力が必要ですが、パイン・リッジではそれこそがワイナリーの哲学で、継続こそが限られた枠内でワインの品質を向上させる道の発見につながるのです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

スタッグス・リープ・ディストリクト

Elegant power…エレガントな力強さ

(4つの畑)

1989年に認定されたAVAの一つで、パイン・リッジはこの地区に4つの畑を所有。荒く風化したロームと粘土質土壌から成り、太陽熱を吸収した岩肌が畑を温め、夜には太平洋から入る風により冷やしてくれます。

スタッグス・リープ・ディストリクトを代表する品種はカベルネ・ソーヴィニヨンです。ここで栽培される他のボルドー品種はブラックチェリー、スグリ、チョコレート等の凝縮した香りを持ち、秀でたパワーと優雅さのバランスを共通して持っています。

 

1.パイン・リッジ ヴィンヤード

ワイナリー名を冠したこの10ha畑は丘の急斜面に位置します。この為、畑での作業は必然的に全て手で行う必要があります。品種はカベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、プティ・ヴェルドー、カベルネ・フラン、その他レ・プティ・クロと呼ばれるわずか0.8haの区画でシャルドネを栽培しています。 これは、スタッグス・リープ地区で栽培される唯一のシャルドネと言えるかもしれません。

畑は醸造施設の裏側の小さな渓谷に位置し、畑を吹き抜ける午後の風により、同地区内のほかの場所に比べ、畑は冷涼に保たれます。また、岩と砂質土壌の急斜面であることから非常に水はけがよく、低収量でフレーヴァーの凝縮した実が生ります。

 

2.ロックド・ホーン ヴィンヤード

2.4haほどの保水性に優れた粘土ローム質の畑は、カベルネ・ソーヴィニヨン(クローン7)に最適の環境です。非常に秀でたクローンであることから、別の畑でも栽培を始めています。

 

3.コーナーストーン ヴィンヤード

スタッグス・リープ・ディストリクトの北端2.8haの畑で、この地ではカベルネ・ソーヴィニヨンのみを栽培しています。この畑からは、デリケートなココアのアロマに滑らかな舌触りのブドウが産まれ、プラムやアニスのノートがリッチなカベルネとしてのボディを与えてくれます。

 

4.サークル・ヒル ヴィンヤード

カベルネ・ソーヴィニヨンのクローン33と7が栽培されている畑は、春先の開墾のタイミングを読むのに最も苦労するごつごつした岩の土壌が広がります。

スタッグス・リープ・ディストリクトの畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ラザフォード

Classic richness…クラシッツなリッチさ

(2つの畑)


1800年代中頃から開拓され、当時から栽培される品種の半分以上がカベルネ・ソーヴィニヨンという地区。今やラザフォード=高評価カベルネと言われるまでに有名なAVAでこの地区に2つの畑を所有します。

砂礫、ローム質の水はけの良い扇状地では、多くの人がそのワインの味わいを”ラザフォード・ダスティ(ダスティ:粉を細かく砕いたような感じ)”という造語で表現するほど特徴的なワインができます。

ラザフォード産カベルネ・ソーヴィニヨンの神髄とも言われるワインはインクを想わせるような深紅の色味で、チェリーや黒スグリなどの芳醇な風味と洗練されたタンニンを兼ね備えています。 

 

1.マンレイ・レーン ヴィンヤード

6.4haの畑でラザフォードの伝統的なスタイルのカベルネ・ソーヴィニヨンが造られています。クローン番号191、337、341、7のブドウが栽培されています。

 

2.ヒドゥン・キャニオン ヴィンヤード

4.8haの畑ではクローン7のカベルネ・ソーヴィニヨンのみが栽培されています。谷床の少し上に位置する斜面のくぼみに広がる小さな畑で、比較的温暖。ユニークなスタイルのラザフォード・カベルネをうみ出します。

ラザフォードの畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

オークヴィル

Structured grace…優雅な骨格

(単一畑)

 

オークヴィル地区は、ヴァカ山岳東部からマヤカマス山脈にかけて、東から西へと広がる渓谷中部に位置する砂利質土壌の畑です。サン・パブロ湾からの霧が北へ毎朝吹き込み、午後には暖かい日差しを受けブドウ(特にカベルネ)は最高の生育環境の中ですくすくと成長します。

この地区で造られるボルドーブレンドは、チェリーや黒スグリ、クランベリー等の赤系果実のフレーヴァーに、洗練されたタンニンが感じられる非常にバランスの取れたワインです。

 
1.ドス・オリヴォス ヴィンヤード
畑名は所有地の玄関に立つ2本の大きなオリーヴの木に由来しています。10haの栄養分の豊富な火山性土壌ではカベルネ・ソーヴィニヨン(クローン 337、7、8)、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドーを栽培しています。 
オークヴィルの畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ハウエル・マウンテン

Rugged intensity…しっかりとした強さ

(単一畑)


ナパ・ヴァレー北端、標高約600mほどに位置するハウエル・マウンテンは、谷床に比べてかなり劇的な温度変化が見られます。暑い夏の後に続く寒い冬の影響から、発芽や収穫は比較的遅くなります。また、標高の高い畑で育つカベルネ・ソーヴィニヨンの皮は分厚く、しっかりとしたタンニンを持ったワインがうまれます。

山岳区画のハウエル・マウンテンからは、凝縮した黒系果実のフレーバーを持ったフルボディのワインがうまれます。ハウエル・マウンテン カベルネは、旨味のつまった野生のダークベリーのアロマに複雑で際立ったタンニンが合わさるユニークなワインです。

 

1.ラス・パサドス ヴィンヤード 

山岳地帯に広がる3.64haの畑では、カベルネ・ソーヴィニヨンのクローン″7”を栽培。

乾燥し、火山性の石灰質土壌は水はけが良く、ブドウ木は水分を求めて地中深くまで根を広げます。こういった環境のもとブドウ実は小さく低収量となり、凝縮したフレーヴァーと濃厚な色を備えたブドウができます。

ハウエル・マウンテンの畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

カーネロス

Cool balance…冷涼地区のバランスを持ったワイン

(3つの畑)


ナパ・ヴァレー最南端に位置するカーネロス地区は、近くのサン・パブロ湾の影響を受けます。朝夕に吹き込む風の影響から、ブドウはゆっくりと均衡を保って成長し、収穫時には最適な糖度と酸のバランスを持ったブドウとなります。また、粘土土壌の上に広がる浅い岩石土壌は、ブドウ樹の成長に十分な栄養を与えてくれます。

カーネロス産のメルローは、きりっとした酸の目立ったミントやユーカリのアロマを持つワイン。シャルドネは熟したレモン、パイナップル、またハチミツのアロマが広がる味わいを持ちます。

 

1.カーネロス・コリンズ ヴィンヤード

15.3haのカーネロスの中心に広がる畑では、メルローとディジョン・クローン(76,95,96)のシャルドネを栽培しており、最も発芽の早い畑です。

 

2.マッキノン ヴィンヤード 

3.2haの硬盤層(軟らかい表土層の下の、植物の根が貫通できない硬い粘土層)の畑では、メルローのみを栽培しています。

適切な株密度(10cm x 20cm)で植えることによって、最適な成長を促しています。

 

3.オールド・ポンド ヴィンヤード

マッキノンの畑の真向いに広がる1.2haの畑では、シャルドネ(クローン 352,92,76)を栽培しています。

 

 

カーネロスの畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

丁寧な作業

季節によってブドウ樹が影響を受ける瞬間があり、これを見逃すことなく常に注意して観察することが、最高のブドウを造るカギと考えています。パイン・リッジでは、35年の経験を活かすと共に、また進歩的な栽培を行っています。

 

■ 台木の選定:各畑の土に合った台木を選定することは、いかに良いブドウ樹が育つかにつながります。栽培家にとって、おそらくもっとも重要な選択でしょう。

■ クローン選択:一つの接木から繁殖させた様々なクローンを植えることにより、ワインに複雑さと豊かなフレーバーを与えます。

■ 天候:天候の管理も、生育期の管理には不可欠。気温や湿度を記録し、事前に病気や感染に対する防御策をたてる。また降雨量や風量、風向によっても灌漑のタイミングを計ります。そして日照量も、完熟期を予測するのに役立ちます。

■ 仕立て:ブドウ樹の垂直仕立ては、芽や葉、実に平等に日照量を与え、風の通りをよくします。ブドウの成熟と健康に不可欠な要素です。

■ 剪定:晩冬に始まり、夏の間行う剪定はブドウが凝縮した実をつけるのに十分なエネルギーを蓄えられるよう、調整する役割を果たします。

■ キャノピー管理:畑の責任者、グスタヴォ・アヴィーニャ氏は、成長期ともなると一週間に一度全ての畑の各区画を歩き観察しています。そうすることによって、常に農法やブドウ実の品質改善につなげることができます。春から収穫までの間は特にキャノピー管理を徹底しています。例えば、適切な光合成を促したり、風通しを良くするために、枝をクリップでとめて、スペースを確保したりという作業です。

 ■ サステーナブル農法:偉大なワインは畑から始まる。

周辺環境に敬意を払いながら、常に責任をもってブドウとワインの品質向上に取り組んでいます。害虫や雑草の管理は機械と手で行い、生物多様性を促すことにより、対策を立てています(益虫を呼ぶ草花を植える等)。こういった余分と思われる手間も出来上がったワインにより、報われます。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

手作業で丁寧に

■ 収穫:夜間の涼しい間に手摘みで収穫されたブドウは、20人がかりですぐに選果・除梗されます。

■ デリケートな輸送:小さな容器でブドウ実が傷つかないよう運びます。

■ 房の選別:ブドウ以外の葉やゴミ等を除去。

■ 実の選別Jack Sortingと呼ばれる工程。グリーンな香りや味わいがワインに入らないよう、葉や茎を全て除去。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

理想的な環境

■ 高温マセレーション:パイン・リッジの畑、品種の特徴を最大限に表現するために行う大切な工程です。

■ 熟成庫:自然を利用して造られた火山性の洞窟のようなカーヴには、醸造家が森や、板の傾度、焼き具合を細かく指定したフランス産木樽が並べられています。各品種や各畑にベストマッチの樽を揃えています。

 

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

大人気の白ブレンド「シュナン・ブラン/ヴィオニエ」

オンリーワンな味わいとして、アメリカで幅広い支持を得るシュナン・ブラン/ヴィオニエ。原料のブドウは、自社では無くセントラル・ヴァレーに位置する2つの地区から収穫します。ボトルにシュナン・ブランの文字が記載されたワインとしては、そのシェアは92%と、ほぼパイン・リッジの独占品種であることがわかります。

 

<ブレンド比率と特徴>

80%:クリスピーで蜂蜜香を持つシュナン・ブラン

デルタ地区に位置するクラークスバーグ地区で生育されたブドウを使用。糖度が低い状態で収穫し、若々しい果実味を引き出しアルコールも控えめなワインを産みだします。

 

20%:芳醇なボディと白いアロマが魅力のヴィオニエ

ロダイ地区で栽培。ブリックス度が24と高い状態で収穫する事で独特の華やかなアロマや品種特有の粘着性のある口当たりとスパイシーな要素を引き出しています。

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

フレッシュさが命!

シュナン・ブラン/ヴィオニエのブレンドワインはフレッシュさが最も重要なキーとなっています。この為、ワイナリーでは一度にボトリングを行わず、年3回ほどに分けてボトリングすることで常にフレッシュなワインが市場に出るように心がけています。

また、ファーストアタックにふわっとした泡のような感覚を感じるのも、このワインの特徴で新鮮さを保つために、ボトリング前に二酸化炭素が少量注入されています。

 

独特のアロマとリフレッシュさせてくれる味わいは、正に唯一無二の存在。

コスパに優れた、カリフォルニアの新しい可能性を体感できる白ブレンドとなっています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

5つの銘醸地のブドウをブレンドした贅沢な「ナパ・カベルネ」

ナパ産地の中でも特に秀でたワインを産みだすことで知られる5つの地区、スタッグス・リープ・ディストリクト、ラザフォード、ハウエル・マウンテン、オークヴィル、カーネロス。これら5地区に点在する、様々な環境で育つ自社ブドウから別々に醸造・熟成させたブドウをブレンドして産まれるボルドーブレンド。

ナパの気品溢れるテロワールが随所に表現された、複雑味とパワーを兼ね備えたワインです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ナパTOP25のカベルネ生産者

ワイン&スピリッツ誌は、”パイン・リッジ カベルネ”をナパを代表するTOP25のワインと称します。卓越したカベルネは、細かな作業によって産みだされます。畑での作業はもちろんの事、収穫後ブドウは粒を選り分け良質な実だけで醸造されます。

約18ヵ月、オーク樽内で熟成。フレンチオーク樽65%、アメリカンオーク樽35%(内新樽はアメリカ産オーク樽 17.5%)

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

カーネロスの冷涼な気候で育つ特別なシャルドネ

ディジョン・クローンズ シャルドネは、カリフォルニアシャルドネを語る時、忘れてはならない銘醸地「カーネロス」の自社畑で栽培されています。フランス産のディジョンクローンを使用し、小粒で凝縮したブドウを産みだしています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

心地よい樽感のシャルドネ

パイン・リッジはカーネロスの地で最初にディジョン・クローンを栽培したパイオニア的存在です。収穫されたブドウはフレンチオーク樽で熟成され、6ヵ月程シュールリー(樽の中で、醗酵で死滅した酵母菌の残り滓とワインを漬け込む)を行います。新樽比率は40%程で、樽感も感じますが行き過ぎた点が感じられない素晴らしい仕上がりとなっています。MLF(マロラクティック醗酵-乳酸醗酵)は行わず、洗練された酸が楽しめるのもこのワインの特徴となっています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

この生産者の商品を掲載している関連記事はこちら

【ご注意】