モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

アンセルモ・メンデス・ビーニョス

Anselmo Mendes Vinhos, Lda.アンセルモ・メンデス・ビーニョス

モダン・ヴィーニョ・ヴェルデの伝道師

オーナー兼醸造家 アンセルモ・メンデス氏

所在地
Zona Industrial de Penso Lote 2, 4960 - 310, Melgaco, Portugal
  • 取扱いワインを見る

数々の栄誉に輝く、ポルトガル白ワイン最高の造り手

 スペインとの国境、つまりポルトガル最北端であるミーニョ地方に位置し、“白ワインのスペシャリスト”として、また“ポルトガル最高の造り手”として評価される「アンセルモ・メンデス」。

 オーナー兼醸造家であり、売れっ子コンサルタントでもあるアンセルモ・メンデス氏が故郷で自身のワイナリーとして1997年に設立。国際的に高い評価を得る「モダン・ヴィーニョ・ヴェルデ」の造り手です。ロウレイロやアルヴァリーニョといった地ブドウを使いつつ、洗練された味わいのワインを造りだしています。

レヴィスタ・デ・ヴィーニョス誌が最高の造り手に贈るトロフィー

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

モダン・ヴィーニョ・ヴェルデの伝道師

 アンセルモ・メンデス氏はポルトガル最北端の地「モンサン」生まれ。世代から世代
へ、ワインに人生を捧げてきた伝統の家系の長男として生をうけます。大地への熱い情熱を持っていた彼は1987年にリスボンにある作物栽培学の学校を卒業、その後大学でさらに専門的な知識を得るため醸造学を修めます。
 その後数年間醸造家として働く経験を経て、白ワインの産地やドウロを中心としたワイン生産者のコンサルタントとして活躍。1997年に待望の自身によるワイナリーを立ち上げ、「ムロス・アンティゴス」シリーズを発表します。

 補糖なし、ガスなしのモダン・ヴィーニョ・ヴェルデの造り手として世界的に高い注目を集め、ヴィーニョ・ヴェルデ全体のレベルを上げる伝道師として尊敬を集めている人物です。

アンセルモ・メンデス氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ガスなし、補糖なしのモダン・ヴィーニョ・ヴェルデ

 ポルトガルの白ワインとして有名な「ヴィーニョ・ヴェルデ」は微発泡性のワインとしてよく知られています。フレッシュな早飲みタイプのワインとして知られ、通常多品種をブレンドして造られます。

 しかし、その一方で近年ポルトガルでは「ガスなし・補糖なし」で造られる辛口のスティルワインが「モダン・ヴィーニョ・ヴェルデ」として高い注目を集めています。アンセルモ・メンデスはそのモダン・ヴィーニョ・ヴェルデの造り手として最高の評価を得ている造り手。

 

補糖は一切せず、完熟したブドウを収穫

 

テロワールと品種特性を表現する

 

ミネラル感に溢れ、長期熟成に耐えうるポテンシャル

 

 をコンセプトに日々品質向上に余念がありません。トロピカルなアロマと爽やかな酸、そして上質なミネラル感を見事に表現し、長熟にも耐えうる高品質を実現。世界にその名を轟かせています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

白ワインの銘醸地「ミーニョ・ヴァレー&リマ・ヴァレー」

 アンセルモ・メンデス氏が造る白ワインはポルトガルとスペインの国境付近の渓谷に広がる畑から収穫されたブドウから造られます。白ワインの銘醸地として歴史が古い産地で、特にこの地で造られるアルヴァリーニョは高い評価を得ています。

 この産地固有の地ブドウである「ロウレイロ」はリマ・ヴァレー産のブドウを使用。大西洋の影響を多分に受けた特殊な気候条件です。また「アルヴァリーニョ」はミーニョ・ヴァレー産のブドウを使用しています。20を超える小さなパーセルを自社で管理し、株密度を高めたりするなど、常にアルヴァリーニョの可能性を探求するようにしています。

ポルトガル最北のミーニョ地方

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ヴィーニョ・ヴェルデで革新的な技術を導入

 常に品質向上のためにあらゆる可能性を探求するアンセルモ・メンデス氏。技術面でも、ヴィーニョ・ヴェルデでは革新的な手法を取り入れてきました。

 そのひとつが100%除梗したブドウを丁寧にプレスし、低温でアルコール醗酵させる手法。醗酵のスピードを一定にするため、12~22度の間で温度管理を徹底しています。また、白ブドウも果皮と一緒に醗酵させ、少量の酸素を加えながらタンク内でバトナージュをします。その他、スキン・コンタクトも彼がヴィーニョ・ヴェルデで革新的に導入したもの。

これらの手法により、より果実のアロマが豊かに表現された、高品質な白ワインを産み出すことが可能となります。

 

近代的な醸造設備

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

多くの評価誌で絶賛のヴィーニョ・ヴェルデ

 アンセルモ・メンデス氏のワインは今やポルトガル国内だけでなく、国際的にも高い評価を獲得。ワイン・アドヴォケイト誌やペニン誌は彼のワインに90点を超える高得点をつけ、ヒュー・ジョンソンのポケット・ワイン・ガイドは例外的に高い評価を与えています。さらにアメリカのワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」でも特集の記事が組まれ、常に高い評価を獲得。ポルトガル国内ではワイン評価誌「Revista de Vinhos」によって、1997年に「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」に、2011年に「2010年度プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」に選出される最高の評価を獲得。名声を揺るぎないものにしています。

 

***ワイン・アドヴォケイト誌 2013年1月号より抜粋***

「彼のワインは全てバーゲンのようなお買い得品」

「アンセルモ・メンデスが示すヴィジョンは皆さんが知っておくべきことだ」
「もしヴィーニョ・ヴェルデで最高の造り手は?と聞かれたら誰もがアンセルモ・メンデスと答えるだろう」

「いかなる意味においても典型的なヴィーニョ・ヴェルデではない」

 

***パーカーズ・ワインバイヤーズ・ガイド 第7版より抜粋***

「アンセルモ・メンデスはヴィーニョ・ヴェルデで尊敬を集める造り手」
「ロウレイロはただ単純に美味しく、完熟していてジューシー」
「アルヴァリーニョはこの地域の新たな名声と関心を集めている」

 

***ワイン・エンスージアスト誌 2012年12月号より抜粋***

「アンセルモ・メンデスはヴィーニョ・ヴェルデを導く光」
「ヴィーニョ・ヴェルデの可能性を広げ、品質向上を手助けしている存在」
「品質改善の技術を推進し、産地全体の水準を向上させている」

 

***ヒュー・ジョンソン ポケットワインガイド 2012年版より抜粋***

「ヴィーニョ・ヴェルデの造り手として称賛されている」
「彼の生みだすアルヴァリーニョは、限りなく深く、そして濃縮されている」

 

***レヴィスタ・デ・ヴィーニョス誌***

【1997年】

ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー 受賞

【2010年】

ワインプロデューサー・オブ・ザ・イヤー 受賞

各評価誌で度々特集されています

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】