モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

ドメーヌ・アルベール・マン

Domaine Albert Mannドメーヌ・アルベール・マン

アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び
パーカー5ツ星の蔵!

オーナー兼醸造家 ジャッキー&モーリス・バルテルメ兄弟

所在地
13 rue du Chateau 68920 Wettolsheim, France 地図を見る>
  • 取扱いワインを見る
  • 動画を見る

アルザスを語るとき避けては通れないワイナリー

ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。

 

テロワールを重視するため、区画に基づいて豊富なラインナップがありますが、それぞれの区画が非常に小さいためワインの生産量はどれも限定的です。そのため、リリースを待たずに売り切れてしまうものが殆どです。専門家の間でも評価が非常に高く、ロバート・パーカー氏は彼らに最高ランクの5ツ星、エクセプショナルの評価を与えています。

ドメーヌ正面

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

フランス最優秀生産者賞ほか、数々の評価!

■2012年度「フランス最優秀生産者賞」受賞

 フランスで最も信頼されるワイン専門誌「レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌(RVF)」が年に一度、フランス全土のワインを対象に年間の活動に対して表彰する「最優秀生産者賞」。各部門でたった一社しか選ばれない中、生産者部門では「アルベール・マン」が選ばれました(その他部門は、協同組合部門、ネゴシアン部門など多岐に渡ります)。

 

【本文対訳】これは二組の夫婦のコラボレーションによる偉業だ。ジャッキー&モーリス・バルテルメとその妻達、マリ・テレーズとマリ・クレールは、1989年からドメーヌに参加している。21ヘクタールの畑を所有し、モーリスがその管理を担い、ジャッキーがテロワールを見事に表現する醸造を行う。リースリングのシュロスベルグはクリスタルのようなミネラル感、ゲヴュルツのフルシュテントゥムはエキゾチック・フルーツの深い香り、ヴァンダンジュ・タルディヴ、セレクション・ド・グラン・ノーブル、またピノ・ノワールはとても複雑で、まっすぐに表現されている。偉大なヴィニュロンの影には、必ずそれを支える女性がいる、マリ・クレールはワイナリーを経営し、マリ・テレーズは世界各地のコマーシャルを担当する。このワイナリーはこの地区において、品質価値は高く、知っておきたいワイナリー。
 

■ロバート・パーカー氏、最高評価「5ツ星」!

ロバート・パーカー氏のワインガイドでは、アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び5ツ星の評価を獲得しています。

 

■レ・メイユー・ヴァン・ド・フランス誌、最高評価「3ツ星」!

旧クラスマン、現「Les Meilleurs vins de France 2011版」にて、アルザスのスターワイナリー、アルベール・ボクスレ、マルセル・ダイス、ヴァインバック、ウンブレヒト、オステルタッグとともに最高評価の三ツ星を獲得しています。


 

RVF誌2012年2月号

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】