モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

ドメーヌ・ピエール・アミオ・エ・フィス

Domaine Pierre Amiot et Filsドメーヌ・ピエール・アミオ・エ・フィス

滋味に溢れ、繊細かつピュアなモレ・サン・ドニ

オーナー:ジャン・ルイ・アミオ氏(右)&ディディエ・アミオ氏(左)兄弟

所在地
42 Grande Rue 21220 Morey-Saint-Denis France 地図を見る>
  • 取扱いワインを見る

モレ・サン・ドニの地に5世代続く名家「アミオ」

 「アミオ家」はモレ・サン・ドニの地に5世代続く名家。現在ドメーヌはジャン・ルイ・アミオ氏(長男)とディディエ・アミオ氏(五男)の兄弟で運営されています。

 「ドメーヌ・ピエール・アミオ」はジャン・ルイ&ディディエ兄弟の父ピエールによって1975年に設立。1992年に現当主の兄弟がドメーヌを引き継ぎ、現在に至ります(5人兄弟の次男であるクリスチャンは現在ドメーヌ・アミオ・セルヴェルを運営)。所有する畑はモレ・サン・ドニを中心に8ha(ごくわずかにジュヴレ・シャンベルタンも所有)で、年間におよそ4万本を生産。5つの一級畑、偉大なる特級畑「クロ・ド・ラ・ロッシュ」を所有する、モレ・サン・ドニを代表する造り手です。主にジャン・ルイが醸造面を、ディディエが栽培面を担当していますが、明確な担当分けはしておらず兄弟で話し合いながら運営しています。

 自生する天然酵母を使い、リュット・レゾネを実践。収量を抑え、厳しい選果を経て丁寧に仕込まれるピノ・ノワールは滋味に溢れた素晴らしく、美しい味わいです。

アミオ・ファミリー

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

モレ・サン・ドニと実直に向き合う生産者

 モレ・サン・ドニで5代続くアミオ家に生を受けたジャン・ルイ。現ドメーヌ・ピエール・アミオが設立された1975年頃に醸造学を修めてすぐに参画。父からワイン造りを学びながら手伝っていたが、1992年にドメーヌを正式に引き継ぎました。

 彼曰く、初めて責任者となった1993年、そして続く1994年と非常に難しい年が続いたため、お父さんに怒られながらワインを造ったそう。1990年からモレ・サン・ドニの栽培組合長も務めたことがあるほど、モレ・サン・ドニのことなら何でも知っている人物です。

ジャン・ルイ・アミオ氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

DRCでコンサルタントを務めるピエール・ミレマン氏

 ピエール・ミレマン氏がドメーヌ・ピエール・アミオのコンサルタントを務めるようになったのは2002年産から。以後、自生の天然酵母のみを使用するようになります。その他にもゆっくりと丁寧な抽出をするなど、ドメーヌのワイン造りから人工的なものは極力除かれ、より「自然」に寄り添うアプローチがとられるようになっていきます。ピエール・ミレマン氏は栽培手法から醸造面まで、全ての工程でコンサルタントとして携わっています。

 また、ピエール・ミレマン氏は現在DRCでコンサルタントを務める唯一の人物。その他にもドメーヌ・デュジャックやドメーヌ・アミオ・セルヴェルのコンサルタントも務めています。DRCを始めとして一部の生産者が根強く実践する「全房醗酵」は、彼が支持する手法のひとつ。ピエール・アミオでは彼の助言により、年によって差はあるものの20%程度を全房醗酵させることがあります。

ピエール・ミレマン氏(左)とジャン・ルイ・アミオ氏(右)

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

テロワールに敬意を示す、滋味に溢れた美しいピノ・ノワール

 ピエール・アミオの哲学は、テロワールに敬意を示し、できる限り忠実に表現すること。そのためにできる、最大限の努力を惜しまず実践します。

 除草剤は一切使用せず、リュット・レゾネ(減農薬)を実践しています。1haあたり1万株という高密度の植樹、1haあたり42~48hlという低収量、自生の天然酵母の使用などはほんの一例。全てはテロワールを表現するために行われます。

 そんな彼らのピノ・ノワールは腰があり、滋味に溢れた素晴らしいもの。輝くルビーや濃いガーネットの色合い、小さくも完熟した黒果実のアロマ、完璧なバランスを誇り滑らかなタンニン。力強くも上品、フィネスに優れたスタイルになっています。

畑とアミオ・ファミリー

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ピノ・ノワールの理想郷

 モレ・サン・ドニの畑はピノ・ノワールにとって理想郷である、とジャン・ルイは言います。東南向きの斜面に位置し、海抜は220~260m。ジュラ紀中期の石化質・粘土石灰質土壌で構成されている土壌は、ワインに深い余韻とミネラルを与えてくれます。ただし、一口にモレ・サン・ドニといってもパーセル毎に特徴は異なるため、ドメーヌではそれぞれの特徴を把握した上で最適な醸造方法を選択する必要があります。

見事な古木

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

5つの一級畑、そして偉大なる特級畑「クロ・ド・ラ・ロッシュ」を所有

 ドメーヌが現在所有している畑は8ha。わずかにジュヴレ・シャンベルタンにも畑を所有していますが、そのほとんどはモレ・サン・ドニ。通常のヴィラージュ・クラス~偉大なるグラン・クリュまで、煌びやかなパーセル・コレクションを所有しています。

【ピエール・アミオ アペラシオン・リスト】

【ブルゴーニュ アリゴテ】

【モレ・サン・ドニ 白】

年産わずか600本ほどの、非常に希少な白。

【ブルゴーニュ ピノ・ノワール】

シャンボルに近接した区画Les Poisotから造られる。

【モレ・サン・ドニ 赤】

モレの1級畑の東隣のClos Solon、Très Girard、Les Cheneveryなど6区画から造られる。

【モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ 「オー・シャルム」】

【モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ 「レ・ミランド」】

【モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ 「レ・リュショ」】

特級ボンヌ・マールとクロ・ド・タールの東隣の畑。プチ・クロ・ド・タールと生産者が表現する程の逸品。

【ジュヴレ・シャンベルタン】

【ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ 「レ・コンボット」】

【クロ・サン・ドニ(兄弟が所有している畑)】

【シャルム・シャンベルタン(借り畑)】

【クロ・ド・ラ・ロッシュ】

最上級の逸品。圧巻の深みと艶やかさは必飲の特級畑。

モレ・サン・ドニの地図

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

リュット・レゾネを実践。除草剤は不使用、高密度、低収量の栽培手法

 ドメーヌではブルゴーニュの伝統的な栽培方法をベースにしつつ、テロワールへの敬意からリュット・レゾネ(減農薬)農法を実践しています。ただし、除草剤は一切使わず、丁寧にすき入れをします。仕立てはギュイヨンとコルドンの両方を採用。3年ごとに畑を休ませるサイクルをとっています。1ha当たりの株密度は1万と高く、低収量に抑えて品質を高めています。

手摘みで丁寧に収穫

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

自生の天然酵母を使用、妥協なしの丁寧な造り

【醸造】

 ドメーヌにとってワイン造りの全てはテロワールのためにありますが、醸造・熟成の工程においてもそれは同じ。丁寧で妥協のない作業が間断なく続いています。

 手摘みで収穫され、完熟した果実はまず振動式の選果台で厳しく選別。少しでも満足のいかない果実はそこで撥ねられてしまいます。その後70~100%の割合で除梗をし(生産年によります)、5~7日間の低温浸漬を行います。温度管理を徹底して10~12度で、ゆっくりソフトに抽出を行います。醗酵には自生の天然酵母を使用し、人口酵母は一切用いません。アルコール醗酵はおよそ31~33度に管理されたタンクの中で10日ほどの間続きます。

【熟成】

 基本的にどのワインも熟成にはオーク樽を用います。サイズは228リットル。伝統的なブルゴーニュ樽です。アペラシオンによって異なりますが、15~18ヶ月を熟成期間としています。過度な樽感はテロワールの邪魔になるため、新樽の使用はは一級畑で30%、特級畑で50%に留めています。ボトリングのタイミングなど、一部月のサイクルに合わせて行うこともあります。

振動式の選果台

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

リアル・ワイン・ガイドで絶賛

 ドメーヌ・ピエール・アミオの造るピノ・ノワールは世界的に高い評価を得ていますが、日本におけるワイン専門誌「リアル・ワイン・ガイド」でも、

【リアル・ワイン・ガイド2012年春 37号より抜粋(主に09年産に対して)】

09年のピエール・アミヨは実にいい。」

「正直言って少し驚いた。本当に良く出来たワイン達だ。」

「こんな良いワインをもっともっと愛好家に知って欲しい。」

「ともかく買い。」

【リアル・ワイン・ガイド2011年春 33号より抜粋(主に08年産に対して)】

「下位のクラスから甘苦酸のバランスの良い見事なもの。」

「もっと人気が出るドメーヌと思う。」

と絶賛されています。

リアル・ワイン・ガイド33号(左)と37号(右)

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】