アジィエンダ・アグリコーラ・コルテ・デイ・パーピ

Azienda Agricola Corte dei Papiアジィエンダ・アグリコーラ・コルテ・デイ・パーピ

ラツィオ州初の最高格付(DOCG)産地で、トップの生産者

オーナー アントニオ・ディ・コジモ氏

所在地
Localita Colletonno SNC 03012 Anagni (FR), ITALY
地図を見る>
Website
http://www.cortedeipapi.it/
  • 取扱いワインを見る

ラツィオ州初の最高格付(DOCG)産地で、トップの生産者

ローマの東に位置する1980年設立の家族経営ワイナリー。

ワイン造りは全て20haの自社畑で行っています。ローマの伝統・文化から生まれる味わいを大切に、現代の醸造技術を融合させ高品質ワインを製造することポリシーとしております。2008年ラッツィオ州で始めてD.O.C.G.に昇格した赤ワイン,チェザネーゼ・デル・ピーリオD.O.C.G.の主要品種「チェザネーゼ」を中心に栽培。

このおよそ100haのD.O.C.G.産地の中でもコルテ・デイ・パーピは25haと全体の1/4にあたる面積を有しており、一番大きな規模をほこります。品質においても高い評価を受けています。


地ブドウ「チェザネーゼ」

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ボルドーで学び、ブルゴーニュで研究

マスター・オブ・エノロジー(Universita Cattolica del Sacro Cuore in Piacenzaにて)を取得している、専属エノロゴのロレンツォ氏。瓶詰め当初からの契約で、今年で6年目になります。現在、他ワイナリーとの契約はない、とのことです。(2010年12月末確認済み)


  【経歴】

 ボルドー大学、醸造学科卒業後。1992-1993年の2年間をブルゴーニュ、コート・ドールで修行しました。ドメーヌ・ルフーレヴ/ピュリニー・モンラッシェでは、白ワインを研究を行い、ドメーヌ・トロ・ボー/ショレイ・レ・ボーヌにて赤ワインを中心に研究しました。基本、畑作業を徹底的に学んでいます。特に、剪定、収穫、醸造。シュール・リーによる品質向上の研究に力を入れました。2000年から、コンサルタント業を開始しました。

 

ワイナリーが彼を醸造家に選んだ理由は…

チェザネーゼ種を一番良く知り尽くしている人で信頼できるから、との事です。トスカーナ出身者で、地ブドウの研究をしており、現在ではチェザネーゼを彼の研究の主とし、その可能性を信じ、心からチェザネーゼ種を愛している、からとの理由でした。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。