パゴ・カサ・グラン

Pago Casa Gran, S.L.パゴ・カサ・グラン

スペイン、バレンシア発!有機栽培ブドウ100%使用の、何とゲヴュルツトラミネール!?

オーナー兼醸造家 カルロス・ラソ・ガルビス氏

所在地
CVS Cristobal s/n, 46640 Mogente, Valencia, Spain
地図を見る>
Website
http://www.pagocasagran.com/
  • 取扱いワインを見る
  • この生産者の関連記事

母親の思い出を今に蘇らせたワイナリー

バレンシアで最も恵まれた地域の一つ、南部クラリアノに2004年に設立された新しいワイナリー。もとは母親が何十年も前からワイン造りを行っていました。

 

畑にはワイン生産者だった祖父が約60年前にドイツの友人から譲り受けたゲヴュルツがあり、かつて母がこのゲヴュルツで「Oro de Rhin」(ラインの金)というワインを造っていました。これは父親のお気に入りでした。現当主カルロス氏への世代交代をきっかけに、改めてゲヴュツルの栽培にも着手し、地元だけでなく、国内外に広く自分たちのワインを広めようとしています。


バレンシア南部の畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

家族の想いをつなぐワイナリー

畑は祖父の代から、ワイン造りは母親から受け継いだワイナリーですが、それを本格的な仕事にしたのは現在のオーナー、カルロス・ラソ・ガルビ氏です。

ガルビ氏はプリオラートの醸造家などとの交流から、クオリティワイン造りへの様々なヒントを得て、栽培や醸造に活かしています。畑のあるバレンシア南部クラリアノはこの地方で最も恵まれたテロワールを持つといわれます。ガルビ氏は、伝統的な農法を大切に考え、畑では有機栽培を実践しています。


オーナー兼醸造家 カルロス・ラソ・ガルビ氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

恵まれた条件の下、有機栽培を実践

バレンシアでもこのワイナリーがある南部クラリアノは、最もよい地域とされています。恵まれたテロワールをいかし、ブドウ畑では100%有機栽培を実践しています。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

祖父から母へ。母から息子へと代々受け継がれたドイツの品種、ゲヴュルツトラミネール

スペインでは珍しいゲヴュルツトラミネールは祖父がドイツから持ち込んだものです。母の手によりワインとなりましたが、ワイナリー経営は一時中断。2004年に息子のカルロスが、母の想いを受け継いでワイン造りを再興しました。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

この生産者の商品を掲載している関連記事はこちら

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。