「冷やして美味しい赤ワイン」

「冷やして美味しい赤ワイン」

 

『赤ワインは常温で飲むもの』------そんな話をお聞きしたことがある方は多いのではないでしょうか?

 

通常、赤ワインに適した温度は15から18℃くらいと言われています。
赤ワインに含まれるタンニンがまろやかに感じられ、香りも膨らみが出る温度です。

 

でも暑くなるこの時期、飲むなら冷たいのがいい!
赤ワインは冷やしちゃダメなの?

 

答えは「NO!」です!
確かに渋味が強い重たいワインは、冷やすことで「えぐみ」「苦味」に変化してしまうこともあります。

 

では、どんな赤ワインなら冷やして美味しいのか?

それは、ズバリ!「フルーティーなワイン」です。

 

冷やすことで果実味がくっきりと際立ち、よりフルーツ感アップ!少しだけ甘口であればすっきりとした印象になりますし、酸味があるタイプならシャープさが増し美味しく感じられます。

 

夏の赤ワイン、冷やしてみませんか?♪

 

 

検証!

今回の『冷やして美味しい赤ワイン』は、ワインセラーではなく冷蔵庫でばっちり冷やした赤ワインで検証。
オフィスの会議室にて、12種類の赤ワインを試飲。
「うーん、これは渋みが出てしまうね」「これは、バランスが崩れる」などなど議論は続き・・・ようやく「これはうまい!」と自信を持ってお勧めできる赤ワイン4つに絞り込みました。

では、ご紹介いたします!今年の夏の赤ワインはこれで決まり♪


  • ワインセラーではなく冷蔵庫でばっちり冷やした赤ワインで検証
  • オフィスの会議室にて、12種類の赤ワインを試飲
 

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

 

詳細はこちら

 

詳細はこちら

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。