モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 伊井おすすめ「シャトー・ラ・カルドンヌ (ハートラベル) 2012」

伊井おすすめ「シャトー・ラ・カルドンヌ (ハートラベル) 2012」

2017.09.15
シャトー・ラ・カルドンヌ (ハートラベル) 2012
東京営業部 伊井
東京営業部 伊井

パッと思い浮かんだのがこのワインでした。

 今回スタッフいちおしに久しぶりの登場しました。ワインをどうしようかと考えた時にパッと思い浮かんだのがこのワインです。最近はもっぱらボルドーワインばかり気になって飲んでいる私ですが、数ある中で一番初めに思い浮かんだのはこのワイン。決め手はこのハートラベルが2012年になっていること。レ・ドメーヌ・セー・ジェー・エール のワインはバックヴィンテージのイメージをされる方が多いかと思いますが、最近比較的若い(と言っても2012年)ヴィンテージがこのハートラベルで、バックヴィンテージものはクラシックラベルになっています。クラシックラベルのシャトー・ラ・カルドンヌは現行2008年ヴィンテージです。

 2012年の特徴は、前半は悪天候だったものの後半に巻き返したヴィンテージです。実際マルゴー村以外は産地評価でも90点以上を取っている隠れた良年。(ワイン・アドヴォケイトによる)ベト病によりメルローの収量が減少したがその分、凝縮度が上がっているとされています。生産者の畑はメドックの北に位置していますのでエリア的には期待できそう?と思いました。

 そして実際に飲んでみると、、、香りは期待大! 味わいは、、、ほどよくこなれつつも果実感はしっかり、そして綺麗な酸がある!これは素直に美味しい。古き良きクラシカルなボルドーを感じます。そしてこのヴィンテージを飲むと次は2008年が気になりだしました。熟成を経て徐々にVT評価が上がっているのが2008年。比較してみたくなってきます。日本へ安定的に2つのヴィンテージが用意できるシャトーは意外と少ないと思います。味わいは、ボルドー好きの私が胸を張ってお勧めできます。あとはご提案の仕方でVT違いによる面白さを沢山の方にお勧めできそうです。少しでも多くの方にご共感頂けますと幸いです。

 

ワイナリー:レ・ドメーヌ・セー・ジェー・エール

17世紀からの歴史を誇り、ラフィット・ロートシルトによって再構築が行われたシャトー“ラ・カルドンヌ”で全てのワインは造られます。現在はシャトー・ランシュ・バージュでの経験を持つ女性醸造家マガリ・ギュイヨン氏がエノロジストを務めています。300万本保管可能な広大な地下セラーで飲み頃まで熟成したワインを出荷する良心的な生産者です。

ワイナリー詳細

詳細はこちら