モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 大塚おすすめ「ドメーヌ・コアペ ジェゼー ジュランソン・セック 2015」

大塚おすすめ「ドメーヌ・コアペ ジェゼー ジュランソン・セック 2015」

2017.06.15
ドメーヌ・コアペ ジェゼー ジュランソン・セック 2015
大阪営業部 大塚
大阪営業部 大塚

ドメーヌ・コアペにしか造ることのできない白ワイン

 今回私がご紹介させて頂くワインは、シャトー・ディケムと並び称される極甘口ワインの造り手ドメーヌ・コアペが造る、甘口ではなく辛口の白ワイン、ジェゼー ジュラソン・セック。

 皆様は春から夏にかけてどんなワインが飲みたくなりますか?
特に6月、梅雨に差し掛かるこの時期、気分もどんよりしがち。そんな時期に私が特別飲みたくなるのが、ジェゼー ジュラソン・セックです!

 「ワインに求めるのは果実感とフレッシュさ」をポリシーに、コアペが造るジェゼー ジュラソン・セックは、熟した柑橘系の香りがほんのり。口に含むと柔らかく丸みがあり、熟したパイナップル、凝縮感のある果実味が感じられます。後半にはグレープフルーツの皮のようなほのかな苦みがしっかりとお口の中を引き締める役割をしてくれます。自然なブドウの甘み、心地よい苦みの2つの要素を持ち合わせているワインは他にはない特別な存在です。

 春から夏にかけて甘みのある旬のお野菜がたくさん採れます。家庭でもレストランでもお野菜をふんだんに使ったお料理が増える時期ではないでしょうか?素材の味、旨みにそっと寄り添ってくれる役割をこのジュラソン・セックが果たしてくれるはずです。

 食卓を囲む際はこの一本も添えてあげてみて下さい。
きっと心も食卓も明るくしてくれます。是非一度、お試しください。

 

ワイナリー:ドメーヌ・コアペ

本国フランスではシャトー・ディケムと並び称される唯一の極上甘口ワインの造り手として、数多くの高級レストランで愛されるドメーヌ・コアペは、現オーナー、アンリ・ラモントゥ氏がわずか一代で築いたプレステージ・ワイナリーです。甘口で名を馳せながら、グロ・マンサンとプティ・マンサンといったジュランソン地方の地ブドウで辛口白ワインでも異彩を放ち、他に無い優れた品質で飲むものを虜にしています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら