モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 小林おすすめ「ドメーヌ・サント・バルブ マコン・ヴィラージュ レ・ティーユ 2015」

小林おすすめ「ドメーヌ・サント・バルブ マコン・ヴィラージュ レ・ティーユ 2015」

2017.03.15
ドメーヌ・サント・バルブ   マコン・ヴィラージュ レ・ティーユ  2015
東京営業部 小林
東京営業部 小林

春にぴったり。
快活な酸とミネラルが魅力のマコン・ヴィラージュ

 今回、私がおすすめさせて頂くワインは、『ドメーヌ・サント・バルブ』が造る、『マコン・ヴィラージュ レ・ティーユ 2015年』です。

 このワインは、入社以来、変わらずに好きなワインの一つです。
AOCマコンの白は、ブルゴーニュのシャルドネ100%の中で、味わいや品質に対して価格が良心的。そして、透明感があって、快活な酸だけど、シャブリほどシャープではなく、ほど良く効いているところが魅力ではないかなと思っています。

 この『マコン・ヴィラージュ レ・ティーユ』は、樽熟成はしていないので、快活な酸と、ぶどう本来の果実の旨みがあいまって、すーっと体に滲み込みます。そして、ミネラルのバランスが何とも絶妙で、私はこのワインを飲むと野菜が食べたくなります。

 この時期は、春野菜がいろいろ楽しめる季節。菜の花や春キャベツなどなど、春野菜特有の苦みと甘み、そして香りがこのワインとぴたっと合います。そして、あさりやハマグリなど、貝も美味しい季節。春キャベツか菜の花とあさりを、塩、ニンニクとともに、白ワインか日本酒で蒸して、さっと仕上げる酒蒸しはおすすめです。

 だんだんと暖かくなり、体も冬から春に目覚める時期。
この『マコン・ヴィラージュ レ・ティーユ 2015年』と旬の食材をいただいて、体を目覚めさせてはいかがでしょうか?

 

ワイナリー:ドメーヌ・サント・バルブ

両親のドメーヌ「デ・シャゼル」からジャン・マリー・シャラン氏が2001年に独立する形で設立。2002年より有機栽培を実践、2003年には完全にビオディナミに移行しました。自然のサイクルとテロワールの正確な知識を大切にするジャン・マリー・シャラン氏は「テロワール毎の違いを表現する生産者」とも評されています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら