モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 戸田おすすめ「ソウマ ヴィオニエ 2015」

戸田おすすめ「ソウマ ヴィオニエ 2015」

2017.03.01
ソウマ   ヴィオニエ 2015
大阪営業部 戸田
大阪営業部 戸田

生理的完熟の幸せ

 ・・・といきなりR指定を想わせるタイトルですが(笑)今回お話ししたいのは「ヴィオニエ」について。

 以前、「自分を品種で例えると何か」という話題になったことがあります。憧れの品種ピノ・ノワール、ちょっとツンデレなシラーもいいですよね。・・・さて、私は何になったでしょうか??・・・なんと満場一致で「ヴィオニエ」でした。「ヴィオニエかぁ~。あれって香りとボディが厚くて、なんか派手な印象。しかも若めの飲み頃だし~、浸る余韻も短め~。。」と、半分ショックを受けつつもそれ以来親しみを感じていた品種。

 でも、この品種を飲んで勉強すると実は「若い時は派手で目立つけど、すぐ飽きる」ような品種ではないんです。実はとってもデリケート。種に至るまでしっかり完熟させ、「実」自身の糖度が非常に高くなるまで収穫を待たないと、特有の色気のある香りを出してくれません。(ライチや完熟りんご、白い花など)焦ってはダメ。糖度が高い分、感じるアルコール度数も高いですが、酸が低く優しいタイプですので、意外に周りの状況に合わせてくれます。

 今回ご紹介するソウマのヴィオニエはオーストラリアでも涼しいヤラ・ヴァレーで造られます。ブドウが成長する時期の積算温度、夏の降雨量はなんとあの高貴なエルミタージュとほぼ同じ。(そのため、ソウマで植えている品種も北ローヌのものが多い)

 香りには品種本来の華やかさはありますが、華美すぎず、味わいは理想的な生理的完熟を支える優しい酸。完熟からくるツンとしたアルコールは樽醗酵&熟成によってクリーミーな色気に変わっています。

 温度や飲み手によっても表情を変えてくれるところも魅力的。一緒に過ごすことで、とろける時間を約束してくれることでしょう。 是非一度、お試しくださいね。

 

ワイナリー:ソウマ

ヤラ・ヴァレーに位置するワラメート山麓の銘醸地でワイン造りを行う家族経営のブティックワイナリー。ワイナリー名となっているSOUMAHとはワイナリーの所在地の頭文字から付けられました。(South of Maroondah Highway)。冷涼な気候条件を活かし北ローヌ、ブルゴーニュ、北イタリアのブドウ品種を栽培。テロワールを表現した質の高いワインをうみ出し、近年高評価を獲得する期待の新星です。

ワイナリー詳細

詳細はこちら