モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 堀おすすめ「ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル バンドール 赤 2011」

堀おすすめ「ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル バンドール 赤 2011」

2017.01.16
ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル バンドール 赤 2011
東京営業部 堀
東京営業部 堀

濃密でエレガント、心奪われる魅惑のムールヴェードル

 暑さにめっぽう弱い私がようやく活発になる季節、冬がやってまいりました!

 普段は「お寿司!!」が口癖なお魚派の私でも、寒い季節にはしっかりした赤ワイン×お肉に心を奪われることもしばしば。今回は、そんなお肉を欲するシーズンにピッタリのドメーヌ・ラフラン・ヴェロルの「バンドール赤2011年」をご紹介いたします!

 みなさん、バンドールってご存知ですか?フランスは南部、プロヴァンス地方の中でも指折りの銘醸地で、夏場はリゾート地としても人気があるそうです。この地を代表する品種は、このワインに使われているムールヴェードルです。(スペインではモナストレルと呼ばれています!)栽培家の手を焼く晩熟なブドウとして知られていますが、豊かな日照を誇るバンドールではしっかりと熟させることができます。

 そんな完熟ムールヴェードルから造られるこのワイン。グラスに注いだ瞬間に立ちのぼるブラックベリーや、カシス、リコリスやローリエの香りについつい深呼吸をしたくなるほど。飲み口はやはり濃厚なのですが、南仏にありがちな厚ぼったいイメージはなく、非常にエレガント。そしてスパイシーです。心地の良い酸味とシルキーなタンニンに思わずうっとりしてしまいます。もちろん、今飲んでも美味しいですが、もう少し自宅のセラーで寝かせてから飲む楽しみもあります!

 口を開けば「お寿司お寿司!!」の私でも、もうお肉のことしか考えられなくなる1本。牛肉はもちろんですが、ジビエも美味しい時期です。今夜のお肉のお供にバンドールはいかがでしょうか。

 

ワイナリー:ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル

フランスの3大産地として昨今注目されつつあるバンドール。中でもラフラン・ヴェロルは赤粘土と青粘土の2つの特殊な土壌を持ち、特に後者はブドウを非常に上手く成熟させる不思議な力を持っています。若いヴィンテージは、ボルドーのような力強い凝縮感としっかりとしたタンニン、熟成すると非常に滑らかなストラクチャーに変貌するこのワインは、今や世界のトップ・ティスターが注目するワインです。

ワイナリー詳細

詳細はこちら