モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 大柳おすすめ「ビリャーノ 2013」

大柳おすすめ「ビリャーノ 2013」

2016.11.15
ビリャーノ 2013
東京営業部 大柳
東京営業部 大柳

古木に対する愛情が育む、凝縮果実味のテンプラニーリョ

 今回私がおすすめさせて頂きます商品は、『ビリャーノ』というワインです。
太陽の国スペインの内陸部、カスティーリャ・イ・レオン地方のサモラ県にワイナリーがあります。このサモラで今回ご紹介するワインを造っているのが、ビーニャス・デル・セニです。

 このワイナリーの特徴は、「古木にこだわっている」という点です。
スペインは比較的古木が多いとされていますが、特に開発が遅れていたサモラはスペイン有数の古木が眠っているエリアと言われています。 このワイナリーの持つ畑では、古いものでは80~130年にもなる樹齢の木や、若くても20~40年の木が植えられています。。

 この『ビリャーノ』が造られるのは平均25年の樹齢で、この産地が古木が多いエリアであるという情報を聞いた後では、「なーんだ」と思われるかもしれませんが、あなどることなかれ。カシスやブラックベリーなどの熟した黒果実、スパイスのニュアンスを感じるしっかりした味わいながら、粗さを感じさせない滑らかな口当たり。この樹齢でもばっちり凝縮した果実味を味わえる、まさにお買い得ワインなのです!

 気象庁によると、この冬は平年並みからそれ以下の気温になる可能性が高いと予想しています。そんな冬は、温かい部屋でバッチリ果実味のワインを飲んではいかがでしょうか?太陽の国のパワーで、体がポカポカすること間違いなし!? ぜひお試しください!

 

ワイナリー:ボデガス・ビーニャス・デル・セニ

2003年、「ビノ・ガストロミア」や「レスタウランドレス」他ワイン評価誌の編集も行うスペインの著名なジャーナリスト、ビクトル・ロドリゲス氏と、アメリカで輸入会社をしているホルヘ・オルドニェス氏の二人が共同で創設した夢のプロジェクト。女性醸造家アルムデナ・アルベルカ氏を招き、ワインを知り尽くした二人が古木に拘って造るワインは設立当初から話題となりました。

ワイナリー詳細

詳細はこちら