大山おすすめ「ペルラート・デル・ボスコ ロッソ 2013」

2016.10.17
ペルラート・デル・ボスコ ロッソ  2013
東京営業部  大山
東京営業部  大山

キアンティやモンタルチーノと違う「海岸線のサンジョヴェーゼ」

 トゥア・リータと言えば、レディガフィが「ワインアドヴォケイト」「ワインスペクテーター」という2大ワインガイド誌で100点を獲得した唯一のワイナリーということで、あまりにも有名ですが、今回私がおすすめさせて頂くのはそのトゥア・リータが造る「ペルラート・デル・ボスコ ロッソ 2013」です。

 6月にワイナリーを訪問した際、トゥア・リータのラインナップを一通り試飲させて頂きました。その時、一番ぐっときたワインがこの「ペルラート・デル・ボスコ ロッソ」でした。

 ブルーベリーやブラックベリーのような黒果実。ほのかにバラのようなアロマも。柔らかい果実味が広がりますが、フレッシュな酸ときめ細かなタンニンによって引き締められ、心地よい余韻が続きます。

 トゥア・リータは他のワイナリーと比べて、引き締まった酸を表現出来る特殊なテロワールを持っています。国際品種が注目される海沿いの産地ですが、この特殊なテロワールによってキアンティやモンタルチーノといった銘醸エリアに負けない、「海岸線のサンジョヴェーゼ」が生まれるのです。

 また、昨年来日された際の社内セミナーで彼らは自分たちのワインをこう語りました。
『土地がミネラル感を生み、天候がフレッシュさ、酸、余韻を生む、そして丁寧な仕事が透明感を生む。』
まさにこのワインのイメージにぴったりと重なる言葉だと思いました。

 決して安いワインではありませんが、だまされたと思って是非一度お試しください!!

 

ワイナリー:アジィエンダ・アグリコーラ・トゥア・リータ

スヴェレートの独特な気候、ここにしかない固有の土壌、そして人の手による完璧なブドウ栽培と醸造で、常に進化し続けるトゥア・リータ。ワイン・アドヴォケイト、ワイン・スペクテイターの著名な評価誌で100点を獲得した後もそれを1つの通過点とし、現在もブドウ畑、醸造設備に惜しみない投資を行っています。今後もイタリアのワイン業界を牽引していくワイナリーです。

ワイナリー詳細

詳細はこちら