杉山おすすめ「シュロス・シュタウフェンベルク ソーヴィニヨン・ブラン Q.b.A 2012」

2016.08.16
シュロス・シュタウフェンベルク ソーヴィニヨン・ブラン Q.b.A 2012
東京営業部  杉山
東京営業部  杉山

あの"ディケム"からもたらされた、
アロマティック ソーヴィニヨン・ブラン!

 今回私がご紹介致しますのは、ドイツのバーデン地方で造られる白ワイン 「マルクグラフ・フォン・バーデン シュロス・シュタウフェンベルク ソーヴィニヨン・ブランQ.b.A」です。

 私とこのワインの出会いは入社前のあるレストランでした。数年経った今でも思い出せる程の鮮烈な果実味が印象的で、入社して最初に自分で買ったワインもこのワインでした。

 マルクグラフ・フォン・バーデン醸造所は900年にわたりバーデンを統治してきたドイツの王族のワイナリーです。この非常に歴史があるワイナリーの畑は、バーデンの銘醸地 ドゥルバッハ村にあり、素晴らしい風景がラベルにも描かれています。なんと、このソーヴィニヨン・ブランは1830年にあのシャトー・ディケムからもたらされており、この凝縮感を出すために早い段階でブドウの房を半分に切り落としているそうです。

 私は好きになったワインはそのワインの歴史を調べてからゆっくり飲むのが好きなので入社後に改めて飲んでみましたが、やはり、果実の凝縮感が素晴らしいワインでした。
セルフィーユやミント等のハーブを思い浮かべるような深緑の香りにピンクグレープフルーツのような果実味とアフターに残るキレの良い酸。私はグレープフルーツを使ったサラダに合わせて最初キンキンに冷やし飲みましたが、ジューシーな果実味とシャープな酸を感じられ、徐々に温度が上がってくると非常にアロマティックな香りを楽しめるという、時間をかけて変化を楽しんでいただけるワインです。

 蒸し暑い日、ゆったりとしたい時、是非このワインを飲んでみてください。

 

ワイナリー:ヴァイングート・マルクグラフ・フォン・バーデン

エステイトは、バーデンを900年に亘り統治してきた王室一族により代々受け継がれてきた城の一つで設立は1391年に遡ります。“黄金の村”として名高いドゥルバッハにあるシュタウフェンベルク城は、特にリースリングとピノ・ノワールに最高のテロワール。ワイン造りは戦後一時低迷しましたが、現当主バンアード殿下により見事建て直され、クオリティ・ワインとして高い評価と信頼を集めています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら