太田おすすめ「ル・ジェ・ド・シャトー・ギロー 2014」

2016.05.06
ル・ジェ・ド・シャトー・ギロー  2014
大阪営業部 太田
大阪営業部 太田

ソーテルヌ1級の甘口ワイナリーが造る
オーガニックの辛口白ワイン!

 私が今回ご紹介させて頂くのは、ソーテルヌ1級の甘口ワイナリー「シャトー・ギロー」が造る辛口“ル・ジェ・ド・シャトー・ギロー”です。

 初めてこのワインを飲んだ時、それまで感じた事のない【複雑味】に驚愕した事は忘れられません。貴腐ワインを造った樽で熟成することで生まれる【爽やかさの中の深み】の虜になりました。よくよく調べてみると、“ボルドーで初めて樽発酵で辛口白ワインを造ったシャトー”や“格付1級シャトーで初の有機認証を獲得したシャトー”と「シャトー・ギロー」の格別さにも惚れ込みました。このワインを飲む前までは、当時ハーブ感の強い辛口白ワインをあまり好まなかったので、「ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンの一般的なボルドー辛口白ワイン」と思い、見向きもしなかったのですが、今となればもっと早くこのワインの魅力に気が付けば良かったなと思います。

 個人的には、この貴腐ワインを造った樽由来の【深み】を十分に生かすためにも、キンキンに冷やすよりは、少し常温に置いてから飲んで頂くことがおすすめです!

 甘口好きな方にも辛口好きな方にも、楽しんで頂ける1本だと思います。

 「普通の辛口白ワインは飲み飽きた。。。」とか「そろそろ赤ワインより白ワインが飲みたくなる季節だな」と考えている方に、是非、この機会に“ル・ジェ・ド・シャトー・ギローをお試しください!

 

ワイナリー:シャトー・ギロー

1983年以降グザヴィエ・プランティー氏の指導の下、大改革が行われたシャトー。厳しい選果を行い熟した果実のみを収穫することで、めざましい発展を遂げてきました。SO2の使用を最小限に抑え補糖も禁止するなど、自然に近い造りを心がけ最高品質のソーテルヌ・ワインを産しています。1855年にメドックとソーテルヌで1級に格付されたシャトーの中で唯一(2012年現在)の有機認証を2011年に取得しています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら