モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 赤井おすすめ「シャトー・ル・コーヌ ル・モナーク 2009」

赤井おすすめ「シャトー・ル・コーヌ ル・モナーク 2009」

2015.01.13
シャトー・ル・コーヌ ル・モナーク 2009
大阪営業部 赤井
大阪営業部 赤井

世界最優秀ソムリエも大絶賛!
気品と深みあふれる極上ボルドー

 今回おすすめさせて頂くのは、ボルドー地方A.O.C.ブライの『シャトー・ル・コーヌ“ル・モナーク”2009』です。2014年1月に新発売となり、日本に初上陸しました。発売になった時から美味しいワインだなあと思っていましたが、このワインを心から好きになったのは、社内で開催される【ブラインドテイスティング試験】の時でした。

 試験は、赤白各4種類のモトックスワインがグラスに入った状態で並べられ、それぞれのワインについてのコメントと、自分が思うワイン名を記入するというもの。4種類の赤ワインを順番にテイスティングしていくのですが、このワインを口に含んだ時の感動は今でも良く覚えています。

 お恥ずかしいですが、その時の私のテイスティングコメントは、「口当たりがとても柔らかく、カシスやブラックベリーを想わせる力強い果実味がありながらも、しなやかで上品。タンニンも緻密かつ細やかで、ワイン全体をしっかりと支えている。とても気品があり、高級感のあるワイン」とベタ褒め。力強さと柔らかさを兼ね備えた奥深い味わいで、本当に美味しいと思いました。(※つたないコメントで申し訳ありません!)

 どのワインか全く分からない状態で飲んでいるので、もちろん先入観はありません。ブラインドテイスティングでこんなにも感動したことは初めてだったので、今では自信を持っておすすめできる、私のお気に入りの1本です。

 そして、よくよく聞いてみるとこのワイン、実は語れるポイントだらけ。2007年に世界最優秀ソムリエとなったアンドレアス・ラーソン氏がこのワインを大絶賛し、一緒にプロモーションに取り組んでいたり、1級シャトーを多く手掛けるエリック・ボワスノ氏が、ブライ地区で唯一コンサルタントを務めていたり、その昔ルイ14世にも愛されたシャトーだったり…。こんなワインが3,300円で手に入るなら、買いだとは思いませんか?

 寒さも厳しくなり、濃い赤ワインが美味しい季節。大切な人達とリッチで楽しい時間を過ごすなら、この1本で決まりです。是非一度お試し下さい!

 

ワイナリー:シャトー・ル・コーヌ

ジロンド河をはさんでサン・ジュリアンの対岸に位置するブライ地区で、17世紀から続く歴史の長いシャトー。歴史と伝統に培われた確かな経験を土台に、最先端の技術や考え方も柔軟に取り入れることで、他にはない高い品質のワインを生産。2008年から醸造家に着任しているヴァンサン・ドゥキャップ氏は、若いが多くの経験を持つ、今注目のワインメーカー。

ワイナリー詳細

詳細はこちら