モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 白川おすすめ「クロ・デ・フ ピノ・ノワール スブソルム 2012」

白川おすすめ「クロ・デ・フ ピノ・ノワール スブソルム 2012」

2015.01.05
クロ・デ・フ  ピノ・ノワール スブソルム 2012
東京営業部 白川
東京営業部 白川

ペドロ・パッラ氏こそがワイン界最高レベルのテロワリスト

 ワイン生産者の中で世界中を飛び回り、400ヶ所以上の畑を掘り起こして、表土と石のバランスを研究した人はいたのだろうか。ペドロ・パッラ氏はヴォギュエやルーミエ、サルヴィオーニやアルマビバに至るまで全世界の土壌の研究とコンサルタントをした経験の持ち主です。

 ワイン生産者の中で世界中を飛び回り、400ヶ所以上の畑を掘り起こして、表土と石のバランスを研究した人はいたのだろうか。ペドロ・パッラ氏はヴォギュエやルーミエ、サルヴィオーニやアルマビバに至るまで全世界の土壌の研究とコンサルタントをした経験の持ち主です。

 ニューワールドの冷涼な地域を想わせるやや熟したラズベリー、少し野性的で桑の実のような香り、その綺麗で純粋無垢な味わいに魅了されます。

 神の雫風に言うならば、「酸味という一本の巨木に、ミネラルという葉が茂り、熟したラズベリーの実がなっている。昔河原で遊んだ時に感じた石のにおい。途中で食べた桑の実の味。子供のころのどこか懐かしい記憶がよみがえってきた。」といったところでしょうか。
 その昔、「何も足さない、何も引かない」というCMが放映されていたのを思い出したのですが、このワインにはテロワール、気候やブドウ品種が素直に表現されています。そして感じます。

 フランスでもない、カリフォルニアでもない、あくまでチリの表現なんだなと。是非一度お試しください!

 

ワイナリー:クロ・デ・フ

南米随一として知られる地質学者パッラ氏がチリのテロワールに感銘を受け、2009年に同じ志を持つ醸造家達と立ち上げたブランド。パッラ氏はワイン業界で最も影響力のある人物として、3度(2009、2011、2013)デキャンター誌のパワーリスト50名に名を載せた世界が注目する地質学者です。チリのテロワールを知り尽くしたパッラ氏が、ほとんど知られていない唯一無二の区画からうみ出すワインに世界が注目しています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら