佐々木おすすめ「ホッホハイマー ケーニギン・ヴィクトリアベルグ リースリング トロッケン Q.b.A. 2012」

2014.06.30
ホッホハイマー ケーニギン・ヴィクトリアベルグ リースリング トロッケン Q.b.A. 2012
東京営業部 佐々木
東京営業部 佐々木

「まるで夏みかん!女王も愛した癒しの白ワイン」

 白ワインをこよなく愛する私がこの1本と出会ったのは、昨年秋のモトックスグランド試飲会でのことでした。花々で縁取られたラベルを見て、「なんて美人なワインなんだろう!」と思ったのがきっかけでしたが、口に含んでまたびっくり。今まで飲んできたどのワインよりも、好みのど真ん中ストライクだったのです。

 レモンやグレープフルーツなど、爽やかな柑橘類の香りの中に、ごくわずかに感じるオイル香。酸がしっかりと乗っていて、夏みかんのような完熟果実のボリュームを感じさせる味わいです。また、後味にはレモンの皮の白い部分を思わせるようなほんのりとした苦味が残ります。この苦味がもう一口!とグラスを進めさせてしまうのです。そして鼻から抜ける香りは水飴や軽く煮詰めた柚子のように甘やかで、癒されるような心地よさを生みます。

 ところで、商品名にある「ヴィクトリア」の文字、気になりませんか?実はこちら、かのヴィクトリア女王も愛した特別な畑のワインなんです。1845年、女王がホッホハイム村を訪れた際、この畑に大変感動されたことから異例中の異例として女王の名を冠することを直々に許されました。そんなわけで、このワインのラベル上部には大英帝国の紋章、ライオンとユニコーンがデザインされているのです。

 女王も愛したこのリースリングは、これからの暑くなる季節にぴったりの1本です。
ぜひ、一度お試しください!!

 

ワイナリー:ヴァイングート・ヨアヒム・フリック

「ワインは信頼の産物。飲む人を決して失望させてはならない。」と語る、ライナー・フリック氏はテロワールに徹底的にこだわり上質の果実味をもつエレガントなワインを生み出しています。700年の歴史を誇る現在のエステイトは1994年、彼らの所有となりましたが、当時は荒廃していました。その畑を見事に蘇らせ、今では品質ワインの造り手として揺るぎない評価を確立しています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら