赤尾おすすめ「ソミュール ラルディル 白 2011」

2014.01.20
ソミュール ラルディル 白 2011
大阪営業部 赤尾
大阪営業部 赤尾

黄金に輝くワイン シュナンブランの魅力

 個人的にロワールのワインが好きで、季節柄ゆっくり飲めるこのワインをお勧めします。夏にはロワールのソーヴィニヨンなどフルーティでさわやかなものもいいですが、寒い季節にはゆっくり飲める白ワインがいいですね。今回ご紹介するのは ドメーヌ・ギュイヨンのソミュール ラルディルです。

 現行は2011年ですが、以前に買っておいた2009年を最近飲みました。非常に良くなってました!蜜のような完熟果実のまろやかさと溶け込んだ樽のニュアンスがとてもふくよかでリッチ。でも綺麗な酸味もあり、グラスを重ねるほど、このワインの虜になったのが印象的でした。

 さて、現行2011年はまだまだ若くて力強い樽の風味もあり、しっかりとした食事に合わせられるボディと酸が特徴的。開けて少し時間を置いた方が香りも味わいも膨らみます。ゆっくりと2、3日かけて変化を楽しみましたが、3日目くらいでもいいかも。

 開けたてのときは、少し大ぶりのグラスに入れて一層広がる香りと風味を楽しむのもおすすめです。この季節のおうちごはんの定番おでんなど出汁の旨味とも合いますし、しっかり冷やして天ぷらのさくっとした食感とつゆの旨味と合わせても◎。

 個人的には少し置いて1年、2年たってから飲んでもおいしいだろな、と思います。

 今飲んでも、先に置いておいても長いスパンで楽しめるワインです。2~3本ストックしてみませんか。一度お試しください。

 

ワイナリー:ドメーヌ・デ・ギュイヨン

1995年、現在のオーナー、フランク・ビモン氏が父親からドメーヌを受け継いだ際に名称をドメーヌ・ギュイヨンに変更しました。「できる限り化学物質は使用しない」というポリシーで自然を尊重したワイン造りを実践し、飲み頃と判断するまでリリースしないというソミュールのこだわりドメーヌです。

ワイナリー詳細

詳細はこちら