中塚おすすめ「ラリンガトーレ 2007」

2013.12.16
ラリンガトーレ 2007
東京営業部 中塚
東京営業部 中塚

ポルケッタ

「美人姉妹がお薦めするウンブリア州のワイン」

  先日、とあるイベントでゴレッティのサラ・ゴレッティさんと妹のジュリアさんが来日してくれましてウンブリア州な毎日になりました。その時にたくさん販売してくれたのがこのラリンガトーレというワインです。

  残念ながらウンブリアには行ったことがないのですが、日本だと中田選手がいたペルージャという街が有名です。

 そんなペルージャの街からほど近い場所で造られるラリンガトーレはサンジョヴェーゼとメルロー、あとチリエジョーロというブドウがブレンドされているのですが、このチリエジョーロはチェリーの語源となった品種だそうで、なるほど甘酸っぱさを与えてくれています。どっちかというと女性的で優しい赤ワインです。

 こういうワインにはどんな料理が合うのでしょう、と考えていたらウンブリアの郷土料理でポルケッタという豚の丸焼きがあると知って妻に「豚のローストみたいなの作ってくれない?」って頼んでみると「よくわからないけどどういう風にしたらいいの?」と言われ、「イメージはポルケッタみたいなものを作ってほしい」と答えたら、なんとポルケッタそのものを作ってくれました。

 思いっきりハーブを効かせるこの豚のローストは色んな品種がブレンドされたこのワインは非常に相性が良かったです。地元の料理はやっぱり地元のワインと合わせるべきなのですね。

 行ったこともないウンブリア州に行った気になって食事をした夜でした。ウンブリアから来た美人姉妹をにやにや思い出しながら・・・。

ワイナリー:カンティーナ・ゴレッティ

イタリア半島の縁のハートと呼ばれるウンブリア州ぺルージャに位置する創業1965年のワイナリー。4世代に亘りワイン造りと農園を営んでいる名家です。1990年にはモンテファルコにも醸造所を設立し、家族の情熱のワインとしてサグランティーノ種からも製造を開始。全て自社畑生産でどれも質が高く、お手頃な価格のワインばかりで高い人気を誇っています。コンサルタントにはヴィットーリオ・フィオーレ氏を迎えています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら