福井おすすめ「アゼリア バローロ 2009」

2013.11.18
アゼリア バローロ 2009
東京営業部 福井
東京営業部 福井

年末年始に大活躍間違いなし!
偉大さと親しみやすさが共存する「王のワイン」 アゼリアバローロ

 次第に秋も深まり、しっかりとした赤ワインが飲みたくなる季節がやってきました。年末に向け、ちょっといいご褒美ワインもそろそろ必要になってくるかと思います。

 そんな時は「王のワイン」と呼ばれるバローロ、しかもこのアゼリアのバローロがおすすめ!バローロと一口に言っても様々な生産者が造っておりますが、このアゼリアの特徴はバローロを産み出す11の村の中のさらに銘醸地と言われている2つの村から造られていること。力強く偉大なワインを産み出す「セッラルンガ・ダルバ村」、柔らかく香り高い「カスティリオーネ・ファッレト村」。この2つの村のブレンドにより生まれるアゼリアのバローロは、偉大さと優しい親しみやすさが共存する非常にバランスの良いタイプです。

 また、このアゼリアという造り手は家族でワインを造るハンドメイドの生産者。ワインに優しさと温かさが滲み出ております。そのため、ご家族・ご友人が集まってゆっくりとワインを楽しむシーンでは大活躍!普段の飲み慣れていない方にも、ワイン通の方にも満足していただけるバローロだと思います。1年頑張った自分へのご褒美に、秋の味わい深い食材に合わせて是非この時期に楽しんでみて下さい!

 先日このバローロとお料理のマリアージュ検証をしてみました。相性の良かったお料理をご紹介致します。

●牛肉のワイン煮込み●

 バローロのシルキーなタンニンと煮込まれた牛頬肉のほろほろとした食感がしっかりマッチ、またバローロの力強さにじっくり煮込んで旨味が溶け出したソースがばっちりマリアージュ。ワインが若い分、ローリエなどのハーブを効かせていただくとより相性が良くなるかと感じました。寒くなるこの季節、温まる煮込みとこのワインで特別な一日をお過ごしください。

ワイナリー:アジィエンダ・アグリコーラ・アゼリア

バローロ地区において最も有名な生産者のひとつである「アゼリア」。歴史と伝統のある家族経営のワイナリーで現当主であるルイージ・スカヴィーノ氏は4代目にあたります。スカヴィーノ家だけが所有する「ブリッコ・フィアスコ」を含む約12haの畑を所有し、力強くも親しみやすい果実味と、厳格かつ奥深い気品が共存するバローロを造りだし、イタリア国内外の注目を常に集めています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら