モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 中村おすすめ「アリアニコ・デル・ヴルトゥレ 2008」

中村おすすめ「アリアニコ・デル・ヴルトゥレ 2008」

2013.10.07
アリアニコ・デル・ヴルトゥレ 2008
大阪営業部 中村
大阪営業部 中村

「南イタリアの安旨ワイン」

  このワインを発売したのは約1年前の11月頃でした。私個人的にもアリアニコが好きな事もあり、1000円前半のワインの中で特にオススメさせて頂いていたのが、このワインでした。

【3つのおすすめ・ポイント】
Ⅰ 「2008年」ちょうど飲み頃で、秋の季節にピッタリ!
Ⅱ 南イタリアの代表的なブドウ品種「アリアニコ」がこの価格!
Ⅲ キュッと引き締まった酸味が料理との相性の可能性を広げてくれる。

 外観は、少しオレンジ色がかったガーネット。開けたてから香りもしっかり開いており、ブルーベリー・カシスなどブドウ由来の香りが強く広がり、飲みたーくなります。 味わいは、ほどよい果実味と口の中でキュッと引き締めてくれる酸味、タンニンは溶け込んでおり、まさに飲み頃。今すぐにでも楽しめる1本です。

 ここで、少しDOCのご紹介。DOC「アリアニコ・デル・ヴルトゥレ(Aglianico del Vulture)」はバジリカータ州を代表するDOCであり、規定品種はアリアニコ100%。法定熟成期間は12ヶ月以上が規定されています。そんな、アリアニコ・デル・ヴルトゥレを手掛けるのは、プーリア州にある「ディオメーデ社」。ブドウ栽培農家で育った幼馴染の二人がオーナーであるワイナリーだからこそ、ブドウへの情熱は本物、全て手摘みで収穫しています。そのアリアニコを最新の醸造技術を駆使し造ったワインは、品質も高くおいしいはずです。是非、「南イタリアの安旨ワイン」をお試し下さい!

ワイナリー:カンティーナ・ディオメーデ

ウーヴァ・ディ・トロイア種の原産地といわれるプーリア州北部のロッソ・カノッサ地区にあるワイナリー。2000年初頭に現オーナーがワイナリーを譲り受けてからは目覚ましい品質変革を遂げました。友人同士のオーナーはブドウ栽培農家の出身でこれまでは全てのブドウを販売していましたが、最高品質のものを確保し自社瓶詰めを開始。低価格ながら素晴らしい味わいが魅力的です。

ワイナリー詳細

詳細はこちら