モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 原おすすめ「ルナ コンティ・ゼッカ 2011」

原おすすめ「ルナ コンティ・ゼッカ 2011」

2013.05.20
ルナ  コンティ・ゼッカ  2011
大阪営業部 原
大阪営業部 原

この時期だからこそ飲んで頂きたい!「優しほっこり白ワイン」

  私がオススメさせて頂くワインは「人良し・顔良し・アロマ良し・味わい優し」のイタリア プーリア州の「ルナ」です。

  プーリア州はイタリアのかかとにあたる場所にあります。何がある…とすぐには出てこない場所ですが、そこにはとても、とても熱い生産者がいました。

 今年の3月にコンティ・ゼッカ家のマリオ伯爵(経営管理者)とお会いした際、「ワインに一直線」、ワインを本当に楽しそうに語る姿が印象的でした。そんなマリオ伯爵が造るワイン…間違いがあるはずない!と確信。

 ラベルはあのFIAT(フィアット)をデザインした会社にデザインを依頼。何とも重量感がある「LUNA」の文字が目を引きます。 樽や果実から来る、パイナップル・アーモンド・ヴァニラなどが感じられますが、一番に「バナナだ!」と答えてしまうほど、優しく甘いアロマに包まれます。また、口に含むと、そのボリュームに驚かされます。しかし、それだけではなく酸がしっかりと締めてくれます。実際に私も「えっ?甘くない!」が第一印象でした。甘いアロマとは裏腹にしっかりと酸を感じ、かつボリューミー!いい意味で裏切られた瞬間でした。 食前酒・食中酒、いつ・どれだけ飲んでも飽きの来ない一本です。

 少しずつ温かくなる5月。季節の変わり目に、「重厚赤」と「さっぱりキレあり白」の良いとこ取りの【優しほっこり白ワイン・ルナ】をゆっくりとお楽しみください。

ワイナリー:アジィエンダ・アグリコーラ・コンティ・ゼッカ

プーリア州サレント半島でワイン造りにおいて500年以上の歴史を持つゼッカ家。現在のワイナリーはアルチビアテ・ゼッカ氏によって1935年設立。この地ならではの土着品種の個性を最大限に活かしたワイン造りを行っています。広大な自社畑で出来た高品質なブドウは、プーリアでもトップクラスと評されるワインを産み出し、多くのファンを魅了しています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら