上野おすすめ「ポッジョトンド キアンティ スペリオーレ 2009」

2013.03.05
キアンティ スーペリオーレ 2009/ポッジョトンド
大阪営業部 上野
大阪営業部 上野

イタリアが誇る天才醸造家『アルベルト・アントニーニ』が
最も多くの時間をかけるワインをぜひ!

  今回ご紹介させていただくワインは、イタリアの『キアンティ スーペリオーレ 2009/ポッジョトンド』です。

  まずこのワインですが、造り手が凄いんです。現在はフリーのエノロゴ(醸造家)として,イタリア国内の著名なワイナリーのみならず,スペイン,チリ,アルゼンチン,カリフォルニア,オーストラリア,南アフリカなどにも活躍の場を広げている、まさに世界を股にかける天才醸造家なのです。

 そんな彼が最も多くの時間を過ごすワイナリーがこのポッジョトンドです。実際に日本に来た際に、セミナーを開いたことがあったのですが、その時も彼は、「生まれ故郷であるキアンティが最も愛着がある」と話していたことを鮮明に覚えています。専門的でありながらも非常に分かりやすく説明してくれる彼のトークにお客様も聞き惚れていました。

 その中で特に印象的だったのが、多くの貝の化石が畑に散乱しているという話しです。来日された際に実際に貝の化石も持参してくれていたのですが、5cm大ぐらいの大きな化石でした。その時にこれほどの大きさの貝がごろごろしているのかと驚かされたことを覚えています。 化石があるからどうなのかということですが・・・

 貝の化石があるということはこの土地が元々、海だったということなので、ミネラル分が豊富なブドウが出来るということです。ハーブのような香りと舌触りの非常に滑らかなタンニン。サクランボのような赤果実系の果実味など様々な要素を非常に特徴的なミネラルが引き締めてくれています。

 季節問わず飲んでいただきやすいワインだと思いますので、ぜひ試してみてください!

ワイナリー:ポッジョトンド

醸造コンサルタントとして、世界中のワイナリーから絶大な信頼を集めている著名な人物、アルベルト・アントニーニ氏。現在契約中のワイナリーは、なんと48社にも及び世界10カ国で活躍しています。正にこの実績は彼の技術と顧客志向への信頼の証ともいえます。日頃より世界をフィールドとして研鑽を積み、『天才醸造家』とまで呼ばれる彼が今一番愛するもの。それは生まれ故郷のキアンティ。氏が惜しみない愛情を注ぎ、思いのままに自由にテロワールを表現しているのが自身のワイナリー、ポッジョトンドです。これまで世界で手がけたワインが高評価を受けてきましたが、早速自身のワイナリーでも初ヴィンテージから高評価を受けています。正に天才と呼ぶに相応しい偉大なる人物です。彼曰く、「そこに広がるテロワールが、僕に最高のワインを造れることを僕に教えてくれた。」。今、彼の全てを懸けて自社ブランドを成功させています!

ワイナリー詳細

詳細はこちら