モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. ワイン
  3. 「シャトー・ペイボノム・レ・トゥール」訪問記

「シャトー・ペイボノム・レ・トゥール」訪問記

「シャトー・ペイボノム・レ・トゥール」訪問記

 

■ 歴史を感じさせる古く美しいシャトーはジロンド川を見下ろす丘の頂上に

■ 歴史を感じさせる古く美しいシャトーはジロンド川を見下ろす丘の頂上に

コート・ド・ブライ南西部、ジロンド川を見下ろす緩やかな丘の頂上にシャトーはあります。この日はあいにくの雨でしたが、歴史を感じさせる古く美しいシャトーは健在です。

現在のオーナーであるジャン=リュック・ユベール氏で四代目となる一子相伝シャトー。ジャンの高祖父が貿易商で財を成しシャトーを購入したのが始まり。
小さい頃から畑に慣れ親しみ、ワイン造りに関する全ての事は父親から学んだそうです。

■ ボルドーで最も広い『デメテール』認証畑。醗酵もできるだけ自然な形で

■ ボルドーで最も広い『デメテール』認証畑。醗酵もできるだけ自然な形で

64haに及ぶ広い粘土石灰質の畑は、なんと全てがデメテール認証を取得!これはボルドーでも最も広い認証シャトーとのこと。
有機栽培はとても手間がかかるので、並大抵の努力ではこれを維持できないのは想像に難くありませんね。

醗酵にはコンクリートタンクを使用。これは温度変化に敏感な天然酵母をゆっくりと自然な形で醗酵させるため。
「ブドウ本来のピュアな状態でワインにしたい」と、過度な設備投資は行わないジャン=リュック氏が「唯一モダンなもの」と笑って語るのが温度調節機能付きの醗酵槽。
区画ごとに仕込めるよう小さなタンクがずらりと並び、一括管理できるようになっている。

■ 1999年の大嵐がきっかけでビオディナミへ・・・

■ 1999年の大嵐がきっかけでビオディナミへ・・・

ビオディナミを始めたのは、1999年に畑が大嵐に見舞われたことがきっかけだったとか。
「具体的に何かを変えようというのではなく、漠然と自分の価値観を大きく変えさせられた出来事だったんだ。人間が自然に対してしている行為を見直さなければいけない、と。」

ユベールご夫妻ありがとうございました!!

 

シャトー・ペイボノム・レ・トゥールのオーガニックに関して

 

 さらに詳しくはこちら!「シャトー・ペイボノム・レ・トゥール」ワイナリー紹介

シャトー・ペイボノム・レ・トウール 2012 ビオロジックとビオディナミ、2つの有機認証を受けたオーガニック・ボルドー・ワイン

詳細はこちら

こちらも好評発売中!!

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。