モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. ワイン
  3. 「レ・マッキオーレ」フラッグシップ新ヴィンテージ!

「レ・マッキオーレ」フラッグシップ新ヴィンテージ!

「レ・マッキオーレ」フラッグシップ新ヴィンテージ!

生産者:レ・マッキオーレ

チンツィア・カンポルミ氏

銘醸地トスカーナ州ボルゲリで唯一、地元の農家が立ち上げたワイナリー、レ・マッキオーレ。
初代オーナー、故エウジェニオ・カンポルミ氏は、この地の可能性を見出し、惜しみない努力を注ぎました。
彼が追い求めたカベルネ・フラン100%の「パレオ ロッソ」は、自身が最後に手がけた2001年に完成。
翌年に氏が亡くなった後も、妻のチンツィアさんと家族が彼の意思を引き継ぎ、ハイ・クオリティなワインをリリースし続けました。
その結果、「メッソリオ 2004」が『ワイン・スペクテイター』で最高得点の100点を獲得!さらに、2009年には『イタリア・ソムリエ協会』が発行するワイン評価誌『ドゥエ・ミラヴィーニ』にて“最優秀ワイナリー”に選出 されるまでになりました。

>>> チンツィア・カンポルミ氏

 さらに詳しくはこちら!「レ・マッキオーレ」ワイナリー紹介

偉大なる2010年 ヴィンテージ情報



 

レ・マッキオーレ 3大フラッグシップ

パレオ

【 パレオ 】
ワイナリーにとっては最も歴史のあるフラッグシップワイン。
1989年から造っているので前ヴィンテージ2009年が20年記念のヴィンテージであった。
故エウジェニオ氏がカベルネ・フランの可能性を信じ、一大決心をして2000年の収獲後にカベルネ・ソーヴィニヨンの苗木を全て切り落とし、カベルネ・フランを接木した。それ以来、カベルネ・フラン100%のワインとなった。
ボルゲリのテロワールとフランの個性を最大限に表現できるように常に気を付けてワイン造りをしている。バルサミックで瑞々しい地中海の特徴がでている。
クリュでは生産量が最も多く、より多くの人にパレオを楽しんでもらいたいという想いが込められたワイン。

スクリオ

【 スクリオ 】
初ヴィンテージ1994年。3つのクリュでは最も生産量が少ない。故エウジェニオ氏が好きだったシラー種を、イタリアの地でも素晴らしいワインが造れることを目指したもの。
樹勢が強く栽培の難しいブドウを如何にエレガントに生み出すかが焦点。フランスはエレガントなタイプが、オーストラリアではパワフルなタイプがあり、エウジェニオ氏は両方のタイプを造りたかったが、実際に出来上がったものはボルゲリのテロワールを呈した個性あるワインだった。

メッソリオ

【 メッソリオ 】
初ヴィンテージ 1994年。単一品種から造られる3つのクリュの代表的なワイン。
メルローは世界的に注目をされているブドウ品種であり、ボルゲリの気候ならではの果実味溢れたワインを造りだしている。
フラッグシップはあくまでもパレオだが、世界的な評価が高いためこちらの注目度は非常に高い。メルロから造られるワインは味わいが分かりやすく世界的に評価は高くなる。
メッソリオは栽培面積に対して収量が低く、実際に生産量も少ない。このワインを造るために掛かるコストが最も高くなっている。
潜在的な生産ポテンシャルを100とすると、実際の生産量は10-20%しかワインにしていない。

パレオ ロッソ 2010 カベルネ・フラン100%の挑戦が世界のワイン愛好家を驚愕させた!

詳細はこちら

スクリオ 2010 「純粋」という意味を込められたシラーは、世界屈指の品質へ

詳細はこちら

メッソリオ 2010 100点の経歴を持つ、「五穀豊穣」の思いを込めた室極の一本

詳細はこちら

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。