モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. 注目のアイテム ワイン
  3. 「フィリップス・ヒル・エステイト」新発売!

「フィリップス・ヒル・エステイト」新発売!

「フィリップス・ヒル・エステイト」新発売!

芸術家がその独創的な感性と類まれなる天性でつくる優美なピノ・ノワール。エレガント極まりない極上の味わい。

トビー・ヒル氏

ワイナリー : フィリップス・ヒル・エステイト

1997年、建築関係のカラーリストであったトビー・ヒル氏が、カリフォルニアにおけるピノ・ノワールの銘醸地として知られる冷涼な産地、アンダーソン・ヴァレーに設立。
2002年メンドシーノ郡、コンプチに位置するピノ・ノワールの銘醸畑“オップレンダー・ヴィンヤード”の畑を持つ生産者“シャンデル・オップレンダー社”がブランド立ち上げをあきらめた際、ヒル氏が4個の樽を譲り受けたことから彼のワイン造りが始まりました。
当初は、ワインラベルに自身のアートを表現したいというアーティストとしての表現への思いから、いつしかワイン全てをプロデュースしたいという新たな芸術的野望が芽生え、<視覚>から<感覚>の芸術へと完全に移行していきました。
独学で醸造学を学び、ワイン造りの随所に芸術家としての感性をいかしたワインは、堅実でありつつも洗練され、芳醇且つ優美な旧世界のスタイルを感じさせます。
甘さや高いアルコール度数からではない、果実そのものの味わいを表現することや、力強さよりもエレガントでフィネスを備えたワイン は、高い評価を集めこれまで専門誌各誌で高得点を獲得してきました。

 

 

「ダック・ホーン」が、「ルイ・ロデレール」が選んだ北カリフォルニアの銘醸地

メンドシーノ

フィリップス・ヒルのワインが生まれるメンドシーノA.V.A.内の銘醸地

■ アンダーソン・ヴァレーA.V.A.  ・・・ 沿岸のヴァレーフロアー(谷床)の傾斜地 (標高182m)
銘醸ワイナリーが目を付けるブルゴーニュ、そして、アルザス品種の銘醸地。
(フィリップス・ヒルが所有する畑 : トゥールーズ・ヴィンヤード)
■ メンドシーノ・リッジA.V.A.  ・・・ 小高い山の尾根が続く沿岸部 (標高400m)
山岳地域に広がる沿岸産地。わずか36haのカリフォルニアで最初にして唯一、隔絶したA.V.A.。標高は少なくとも365m以上が条件で“空に浮かぶ島(Island in the Sky)”という名がつく。
(フィリップス・ヒルが所有する畑 : ヴァレンティ・ヴィンヤード)
■ コンプチ地区  ・・・ 新A.V.A.認定への期待が高まる沿岸部 (標高182m)
新たなA.V.A.として認証される予定。アンダーソン・ヴァレーの北西8km。たった4畑しか存在しない、注目の気候地帯。フィリップス・ヒルの畑は1998年から1999年に植えられた7haの一番古い畑。その可能性が認められた注目の5種のクローンが栽培され、最も注目されている。
(フィリップス・ヒルが所有する畑 : オップレンダー・ヴィンヤード)

 

 

芳酔なプラムやブルーベリーのアロマ。 随所に、柔らかいプラムや大地、葉等凝縮したフレーバーが広がります。程よく重さもあり、とろけるような口当たりが特徴。紫の花、タバコ、セイジ等複雑なアロマが何層にも重なり合います。コクを持つ柔らかなピノ。

詳細はこちら

濃厚なスミレのアロマ。口の上でいきいきとした赤いチェリーやベリーのフレーバーが広がりセージやスパイス香と混じりあいます。 ミネラル感も豊富で、非常に細やかなスタイルのエレガント系ピノ。

詳細はこちら