モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. ワイン
  3. 高さ20cmから注ぐのが正しい!『チャコリ・レサバル』

高さ20cmから注ぐのが正しい!『チャコリ・レサバル』

高さ20cmから注ぐのが正しい!『チャコリ・レサバル』

チャコリ・レサバル アリ
ボデガチャコリレサバル
バスク地方チャコリの畑
雨の多いバスク地方。多くのブドウ産地で用いられている垣根仕立てではなく、『棚仕立て』でブドウが育てられています。

 

 

チャコリをシュールリー
石が多い区画のブドウはミネラルが豊富。「繊細な泡」「若さ」「フレッシュ」「果実味」のある伝統的なチャコリを守る『チャコリ・レザバル』。樽で醗酵後、澱とワインを一緒に保存することで複雑味を生み出す『シュールリー』を用いています。

 

 

バスク料理
ビスケー湾南部『カンタブリア海』に面し、漁業の盛んなバスク地方。炭火焼きの鯛やイワシ、イカの墨煮、マグロ・アサリなどの豊富な魚介類を食する習慣があります。それ以外にも生ハムやチョコレート、トウガラシも名産品。そんな食が豊かなバスクで愛される地酒が『チャコリ』です。

 

 

チャコリの特別な注ぎ方『エスカンシア』。高さは20cmがおすすめです

エスカンシア

チャコリでしばしば使われる『エスカンシア』は、ワインを高いところからグラスに流し落すような注ぎ方のことです。
理由は2つ。チャコリに心地よい泡をもたらすことと、鋭い酸を和らげブドウ由来の芳醇な香りを開かせることです。
その為にはあまり高い位置から注ぐ必要はなく、20cmくらいからで十分。 上手にやるにはグラス近くから注ぎはじめ、だんだんボトルを上に持ち上にあげていくとやり易いでしょう。

 

<ボデガ・チャコリ・レサバル>
海を一望できる斜面に畑を持つ チャコリ・レサバルは、現在のオーナー、アンデル・レサバル氏とミレヤ・オリナガ氏夫妻によって1996年サラウスの地に設立された家族経営のワイナリーです。両親から引き継いだ22haの畑で地域の伝統品種オンダラビ・スリ、オンダラビ・ベルツァを栽培し、何世紀にもわたって造り続けられてきた『チャコリ』を情熱と愛情をもって育んでいます。

<使用されるブドウ品種について>
オンダラビ・スリ

Hondarribi Zuri(オンダラビ・スリ)
溌剌とした新鮮な果実味があり、ワインに力強さ・心地よい酸・アロマをもたらします。
エレガントでアロマチックなチャコリとなります。

オンダラビ・ベルツァ

Hondarribi Beltza(オンダラビ・ベルツァ)
軽く、ベルベットのように繊細なブドウ品種。
やさしいアロマがあり、チャコリに優れたバランスをもたらします。

ムガリッツ

詳細はこちら

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。