モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. ワイン
  3. 『ドメーヌ エルヴェ・シャルロパン』マルサネ&フィサン良心的な生産者

『ドメーヌ エルヴェ・シャルロパン』マルサネ&フィサン良心的な生産者

『ドメーヌ  エルヴェ・シャルロパン』マルサネ&フィサン良心的な生産者

マルサネ、フィサン

「マルサネ」と「フィサン」はブルゴーニュ コート・ド・ニュイ地区の北端に所在します。
有名な銘醸地「ジュブレ・シャンベルタン」の北に位置した産地です。

このふたつの地域はディジョンに近いため、昔から地元でワインをよく売っていました。

「マルサネ」は比較的新しいワインで、生産者はコート・ド・ニュイ・ヴィラージュの名前でワインを売ることを望みましたが、このアペラシオンを構成する各村が反対したため、INAOにより「マルサネ」とワイン名に村名を名のる権利を1978年に認められました。

「フィサン」が認定されたのは1936年のこと。
ピノ・ノワールの栽培がほとんどですが、ごく少量だけ白ワイン用のブドウも栽培されています。
時間をかけて熟成が必要なワインのため、赤は「冬のワイン」と呼ばれています。

この地域の良さは、やはり品質と価格の抜群のパフォーマンスと言えるのは、他のコート・ド・ニュイ地区のグラン・クリュと言ったアペラシオンや格付けの売るのではなく、高品質を提供すると言えるからです。
「マルサネ」「フィサン」というアペラシオンは、コート・ド・ニュイの中では知名度に欠けるかもしれませんが、実際のブラインド・ティスティングではジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドニ、シャンボールに負けないくらいの味わいをもつワインもあるほどです。

エルヴェ氏が語る2015ヴィンテージ

オーナー:エルヴェ氏

冬は雪が何度か積もったものの、比較的暖かい恵まれた気候でした。春はよい天候が続き開花も順調で6月にはブドウの花の柔らかい香りが一帯に広がり、約100日後に始まる収穫期に期待が高まりました。

5月から夏までは乾燥が続き、さらに7~8月は猛暑で畑作業は辛いものでした。病気の発生はなかったものの、あまりの高気温と乾燥で成長が止まってしまい一時は心配しましたが、9月に軽く降った雨のおかげでブドウは完全な状態となりました。

結果的に、このヴィンテージは選果の必要が全くないほど素晴らしい状態となりました。ワインは非常に力強く、ストラクチャーがしっかりとしていてタンニンはまろやか、すぐにでも楽しめます。偉大なヴィンテージと言えるでしょう。

フィサン 2015 品質対価格の満足度が非常に高いフィサン。骨太でフィネスがしっかりしており、飲み応え抜群のピノです。

詳細はこちら

マルサネ  クロ・デュ・ロワ 2015 村名でこの価格は非常にお買い得!エレガントでしなやかさを感じるピノ・ノワールです。

詳細はこちら

マルサネ  レ・ロンジュロワ 2014 マルサネでも北に位置する大きな区画。1級畑昇格の筆頭候補と目されます。

詳細はこちら

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。