スペクテーター、アドヴォケイト両誌から「100点」を獲得したイタリア最初のワイナリー「トゥア・リータ」!2014&2015年

スペクテーター、アドヴォケイト両誌から「100点」を獲得したイタリア最初のワイナリー「トゥア・リータ」!2014&2015年

2大ワインガイドで「100点」を獲得したイタリア随一のワイナリー。評価に甘んじず、イタリアワイン界を牽引し続ける。トゥア・リータ

故ヴィルジリオ・ビスティ氏、リータ・トゥアご夫妻(トゥア・リータ)

ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であったトスカーナ州、スヴェレートの地に畑を購入したのは1984年のことでした。
運命に導かれたのか、購入した土地がワイン造りにおいて尋常ではないポテンシャルを持っていることに気がついたのはその後のこと。
1988年に植樹し、1992年に初めて瓶詰めしたワインをリリースしてから僅か6ヴィンテージ目でトゥア・リータのフラッグシップ、レディガフィはワイン・スペクテイター100点を獲得するという快挙を成し遂げます。
さらに2000年のレディガフィは、ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得。
イタリアワイン界で2大ワイン評価誌において100点を獲得したワインは「レディガフィ」のみという奇跡でした。
しかし、この家族経営の小さな醸造所はワインガイドの評価に左右されず、妥協を許さない飽くなきワインの品質への追及・挑戦を続け、トップ生産者としての地位をゆるぎないものとしました。

故ヴィルジリオ・ビスティ氏、リータ・トゥアご夫妻

■ 創設者ヴィルジリオ・ビスティ氏の野望

トゥア・リータの創設者、ヴィルジリオ・ビスティ氏は、1942年、第二次世界大戦中にトスカーナの貧しい家庭で生まれました。当時のトスカーナは、まだ身分の差が大きく、大変苦労の多い時代でした。
10代の頃のヴィルジリオ氏は、将来を夢見てバールで手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていました。そんなある日、海に遊びに行った時に妻、リータさんと運命の出会いを果たします。
彼らは20歳で結婚。仕事熱心なヴィルジリオ氏はビジネスマンとして活躍していましたが、次第に妻、老後のことを考え始め『引退したら農家として畑仕事がしたい』と思うようになります。

トスカーナの沿岸部「スヴェレート」

■ スヴェレート地区との偶然の出会い

そんなある日、仕事で偶然立ち寄ったトスカーナの沿岸部「スヴェレート」に出会い、思い切って42歳(1984年)でこの未開の地に土地を購入しました。
この土地は沿岸に近いため非常に痩せた土地で赤い色をしており始めは穀物などを植え始めましたがどうもうまくいきませんでした。後に鉄分やマグネシウムなど微量必須元素が多く含まれていることが分かり、特別なワインが生まれる大きな一つの要因であることが判定されましたが、当時ワイナリーはおろか、野菜などの農家も手出ししないような場所だったのです。
悩んだ挙句、土地を購入した時に元々小さな畑に植わっていたサンジョヴェーゼをワインに醸造してみました。すると中々のワインが出来ることに気付きます。
『うまい。これだ!』穀物をブドウに変え、ワインを造る事を決意。『造るなら最高のものを造りたい!』そう思い立ち、勉強のために有名なワイン産地を訪問し始めます。特にボルドーは幾度となく訪問して勉強を重ね、1987年に自らの畑にブドウを植えました(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネ、リースリング、ゲヴュルツトラミネール)。5年後にこれらの畑から収穫されたブドウからワインを造る事となりました。

エノロゴ、ルカ・ダットーマ氏

■ エノロゴ、ルカ・ダットーマとの出会い、 そして

さらにクオリティの高いワインを造るため、エノロゴ(醸造家)で当時頭角を現しつつあった天才、ルカ・ダットーマ氏に白羽の矢が立ちます。
ラベルデザインは1988年当時懇意にしていた画家の「ラファエロ・デラ・ローザ氏」がカンティーナに寄贈したフレスコ画をあしらいました。
そしてようやく彼らの目指すフラッグシップワイン、『ジュスト・ディ・ノートリ1992年』初ヴィンテージがここに誕生しました。
2015年リリースの『ジュスト・ディ・ノートリ2012年』は20周年を迎えた特別ラベルとなりました。当時まだ全く無名だったワイナリーですが、ファーストリリースから2年後の『ジュスト・ディ・ノートリ1994年』がなんとイタリア最高峰のワイン評価誌ガンベロ・ロッソ誌でトレ・ビッキエーリ(最高評価の3グラス)を獲得します。

レディガフィを生み出すメルロー

■ 突出して美味だったメルロー、 レディガフィの誕生の瞬間

ヴィルジリオ氏はこの年に『ジュスト・ディ・ノートリ』に入れるブレンド用に造っていたメルローの樽が突出して旨いことに気が付きます。
『これはすごく旨い!メルロー100%のままで飲むべきだ!』。
後にシンデレラワインとしてあがめられるもう一つのフラッグシップ『レディガフィ』誕生の瞬間です。
レディガフィはその後、1997年ヴィンテージでワインスペクテーター誌100点を獲得。2000年ヴィンテージはワイン・アドヴォケイト誌100点を獲得。とイタリアワイン史上初の『2大評価誌で100点獲得』の快挙を成し遂げます。
彼の想いは途切れることなく続き、2大ワインガイドでいまだかつて、『ジュスト・ディ・ノートリ』、『レディガフィ』が90点を下回ったことはありません。これはイタリアワイン界で最高峰のレベルです。
ヴィルジリオ氏は2010年に惜しまれつつ他界しましたが、ワイナリーは残された家族に託され、今は妻のリータ・トゥアさん、娘のシメーナさん、シメーナさんの旦那さんのステファノ・フラスコッラ氏がその思いを受け継いでおり、今も変わることなく素晴らしいワインを生み出し続けています。

 「トゥア・リータ」ワイナリー紹介はこちら!

トゥア・リータの真髄が分かる渾身のフラッグシップワイン!高級ボルドーにも一切引けを取らない!GIUSTO di NOTRI ジュスト・ディ・ノートリ 2014 (トゥア・リータ)

詳細はこちら

オーナーの故ヴィルジリオ氏が最も愛したワイン!2014年は生産無し!2013年が残り僅かです!SYRAH トゥア・リータ シラー 2013 (トゥア・リータ)

詳細はこちら

『レディガフィ』『シラー』『ジュスト』『ペルラート』のセカンド・キュヴェが詰まった贅沢濃密フルボディワイン ROSSO DEI NOTRI ロッソ・デイ・ノートリ 2015 (トゥア・リータ)

詳細はこちら

2015年からヴェルメンティーノ100%にリニューアル!香り・果実味ともに豊かに生まれ変わりました!PERLATO del BOSCO  TOSCANA VERMENTINO ペルラート・デル・ボスコ ヴェルメンティーノ 2015 (トゥア・リータ)

詳細はこちら

トスカーナの伝統、文化、愛着が込められたワイン。スヴェレートのサンジョヴェーゼが見せる果実の奥深さ。PERLATO del BOSCO ROSSO ペルラート・デル・ボスコ ロッソ 2014 (トゥア・リータ)

詳細はこちら

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。