マルベックの天才が造る“モダン・カオール”「シャトー・オー・モンプレジール」

マルベックの天才が造る“モダン・カオール”「シャトー・オー・モンプレジール」

シャトー・オー・モンプレジール。パーカー5ツ星の“マルベックの天才”、フェラージュ氏によるモダン・カオール。マルベックの天才、パスカル・フェラージュ氏によるモダン・スタイル・カオール。かつて協同組合にブドウを供給していたフルニエ家は、彼らの畑、そしてブドウのポテンシャルがとても高いことに気づき、1998年に自らのワイナリーを立ち上げました。彼らはカオールの強い個性を残した新しいテイストのワイン造りを目指し、マルベックの天才として世界的に評価の高いシャトー・デュ・セドルのオーナー、パスカル・フェラージュ氏を醸造家に迎え入れました。アペラシオンに認められているメルローやタナを使わずにマルベックだけで造ったワインですが、その滑らかさでカオールのイメージを一新。現在、南西地方で最も勢いのある生産者として注目度No.1のドメーヌです。あのロバート・パーカー氏が“エクセプショネル”として最高の5ツ星をつける醸造家パスカル・フェラージュ氏。実家はカオールのワイナリーでしたが、学生時代はワインに全く興味が無くバイクに熱中していました。ですが、ツーリング中に偶然立ち寄ったブルゴーニュで『ヴェルジェ』のオーナー、ジャン・マリー ギュファン氏と出会い「まるで雷に打たれたような感銘」を受けて、そのままマコンに残り修行をします。1984年には醸造学も修め、その後ナパの『セインツベリーエステイト』などで活躍した後、故郷のカオールに戻り一躍頂点に君臨します。【テロワール】彼らの自宅は、30ヘクタールのブドウ畑に囲まれています。畑の表層は浅く、沖積土、小石、砂と粘土質土壌で構成されています。この素晴らしいテロワールからは、肉厚で凝縮度が高く、豊かなワインができます。ちょうど大西洋と地中海の中間地点に位置するこのカオールでは、6月までは海洋性気候、7月には地中海性気候に変わり、酸度と熟度の完璧なバランスを生みだします。【スピリット】シャトー・オー・モンプレジールでは有機栽培を実践し、2012年に認証を取得しました2000年以上の歴史を持つカオールのマルベックは、今や世界的に知られるようになりましたがその個性はカオールで最大限に引き出されます。「黒ワイン」という異名も持つほどリッチでパワフル、ベルベットを想わせる滑らかなタンニン、そして生まれ持った酸に由来するフレッシュさを兼ね備えています。


                                           地図右上 [    ]  をクリックして Google Map へ ↓



「ル・セドル・ディフュジョン」動画
パーカー5ツ星の"マルベックの天才"、
フェラージュ氏によるモダン・カオール

詳細はこちら

【ご注意】