モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. 注目のアイテム ワイン
  3. 本間チョースケがゆく!「レ・グランジュ ヴァッレ・ダオスタ ニュス・マルヴォアジー」

本間チョースケがゆく!「レ・グランジュ ヴァッレ・ダオスタ ニュス・マルヴォアジー」

本間チョースケがゆく!「レ・グランジュ ヴァッレ・ダオスタ ニュス・マルヴォアジー」

必読!!ヴァッレ・ダオスタ州とはこんなところ!!ヴァッレ・ダオスタ州って?な諸君へ 国境地帯には名峰マッターホルン(スイス)、モンブラン(フランス)。山岳地帯60%、丘陵地帯35%とほとんど平地はなく、厳しい栽培環境。標高が高く、寒冷地帯である。生産されるワインのうち90%が赤であるが、地ブドのブリエ・ブラン種、シャルドネ種やマルヴォアジー種(ピノ・グリージョ)で造られる白も格別。

地元消費が90%?!珍しい土着品種 産地の特異性、他の産地にはないクリーン&ミネラルな味わい アオスタならではのハイブリッドな味わい

レ・グランジュ

オーナーのクレア氏

アルプスという特有のテロワールで育まれるブドウからは、山の漲るエネルギーと厚みある味わいが備わったワインが生まれる。

州都アオスタの東部に位置する2003年設立の家族経営の小規模ワイナリー。オーナーのクレア氏は念願のワイナリーを手に入れた後、ワイン造りはほぼ独学で行い栽培と醸造技術は専門家と文献から学び取りました。大地とそれを取り巻く環境を尊重したブドウ栽培を行っており、ブドウを一房ずつ観察しながらより良い品質のブドウを育て上げた結果、山のテロワールが見事に表れた素晴らしいワインを造り上げています。

ティスティングしてみました!ヴァッレ・ダオスタ ニュス・マルヴォアジー 2011 本間チョースケが語ります!!うーん、ファンタスティコ!ブラインド・テイステングであったならば、おそらくイタリアワインと答える人は少ないであろう。他の産地のイタリアワインに無い、ストイックさ、透明感、強いミネラル感が顕著。寒暖差から生まれるシャープな酸味が、味わいにはっきりとした輪郭をもたらしているのである。スイスワインの清らかさ、フランスワインの緻密さを併せ持つ、まさにハイブリッドなイタリア「山のワイン」!!チーズを用いた白いソースの料理全般、特にDOP食品であるフォンティーナチーズのヴァッレ・ダオスタ風チーズフォンデュとはまさに恍惚のマリアージュだ!

詳細はこちら