モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. 注目のアイテム ワイン
  3. 本間チョースケがゆく!「マストロベラルディーノ モラビアンカ イルピニア ファランギーナ」

本間チョースケがゆく!「マストロベラルディーノ モラビアンカ イルピニア ファランギーナ」

本間チョースケがゆく!「マストロベラルディーノ モラビアンカ イルピニア ファランギーナ」

ナポリを見ずして死ぬべからず!マストロを飲まずしてワインを語るべからず!

「マストロ=名工」の名を冠する南イタリア最高の造り手

最高の敬意をもって『イタリアワイン界の誇り』と讃えられる地ブドウの救世主。

最高の敬意をもって『イタリアワイン界の誇り』と讃えられる地ブドウの救世主。

 1878年に創業した「マストロベラルディーノ」。ワイン造りの歴史そのものはなんと1750年頃から脈絡と続いているというまさに名門。元々は「ベラルディーノ」という名でしたが、2代目当主であるピエトロ氏が「マストロ=名工」という称号を得たため、「マストロベラルディーノ」というワイナリー名になりました。「この蔵の存在なくして、現在のカンパーニアはなかった」と最高の敬意を持って語られる造り手です。

 第二次大戦後〜近年にかけて押し寄せた国際ブドウ品種の波。カンパーニアの他の生産者が伝統的な地場品種を次々と国際品種に植え替えていく中、カンパーニアの伝統的なワイン造りの歴史、何物にも代えがたいその素晴らしさを守るために一人尽力した9代目当主のアントニオ・マストロベラルディーノ氏。

 歴史と伝統に育まれたワイン文化を重んじながらも最新の設備を取り揃え、今やイタリアだけはなく、世界的にトップの評価を受けるまでになっています。その格式の高さと信頼性からも、イタリア政府機関より、ポンペイの遺跡から発掘されたブドウ畑よりワインを造るプロジェクトを唯一託されるなど、南部のみならず、イタリアを代表する造り手として認められています。

ファランギーナとナポリの料理相性

テイスティングしてみました!モラビアンカ イルピニア ファランギーナ 2011

詳細はこちら