モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. 注目のアイテム ワイン
  3. 本間チョースケがゆく!「サン・ルチアーノ」

本間チョースケがゆく!「サン・ルチアーノ」

本間チョースケがゆく!「サン・ルチアーノ」

サン・ルチアーノ トスカーナ州では旨い白が無くなったとお嘆きの諸氏に朗報!トスカーナ州における白ワイン事情!

レシィコ 2011 ヴェルメンティーノ種 フラワー香、ややアロマティック トレッビアーノ種 良質な酸味 ルナ・ディ・モンテ 2011 シャルドネ種 ふくよかさ、果実感 グレケット種 心地よい苦味、ハーヴ香

地元の人のみならず、他社ワイナリーからも購入希望が殺到!

トスカーナはフィレンツェの南東、アレッツォ近くのモンテ・サン・サヴィーノに位置するサン・ルチアーノ。海抜300~350mの丘の側面、南向きに約100haを所有するツィアントーニ家のワイナリーです。

ツィアントニ家は本来はローマの家系。フラスカティの近く、マリーナでワイン造りをしていましたが、土地がなくて価格が高かったといいます。現オーナーのオヴィーディオは新しい可能性を見出すべく、他の場所を探すようになり、キアンティ地区をはじめとするトスカーナ中を回ったが、それまでの経験と勘で納得できる場所がありませんでした。ようやく見つけたのが、それまで全く開拓されていなかった現在のワイナリーがある場所。保水力に優れた肥沃な土壌が広がる絶好の地所。1972年頃からローマからトスカーナにしばしば訪れるようになり、1974年、現在の場所へ完全移住しました。

 ツィアントーニ家が家族総出で経営するこの小さな蔵は、兄のマルコがブドウの栽培を担当、弟のステファノが醸造を担当しています。彼らがワインの品質にかける意気込み、こだわりは相当なもの。徹底した畑仕事と細部にわたる丁寧な造りで、ワイナリーには毎日ワインを購入に来る人で大賑わい。家族の大きな絆は、小さな蔵のワインを今後も進化させ、成長させていくでしょう。

テイスティングしてみました!レシィコ 2011 本間チョースケが語ります!!うーん、ファンタスティコ!輝きのある蓄麦色。リンゴやオレンジ、洋ナシのような充実した果実のアロマ。滑らかでふくよかなミディアムボディですが、しっかりとしたストラクチャーもあり飲み応えもある本格派。前菜〜パスタ〜軽めのメインなら対応可能な守備範囲の広いワイン!

詳細はこちら

テイスティングしてみました!ルナ・ディ・モンテ 2011 本間チョースケが語ります!!うーん、ファンタスティコ!輝きのあるゴールド。フレッシュでジューシーな柑橘系のアロマ、奥やかな酸味のあるミディアムボディですが、アフターには独特の苦みやフィネスも感じます。何杯でも飲めそうな飲み飽きしないワイン。ルナ(月)という名ですがランチタイムにも活躍しそう。

詳細はこちら