モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. into Wine
  3. ワインのギモン

into Wine そこが知りたい、ワインのキホン

ワインのギモン

知って納得!ワインについての素朴なギモンを解消!

ワインの最適な保存方法って?

 ※ワインの保存にとって悪影響を及ぼす要因(PDF)はコチラ※


そう言えば、ワインってどんな所で保存するのが良いの???

「分からない」と言われることの多い、ワインの保存方法。
ワインに精通している人なら当たり前かもしれませんが、
たまにしか飲まない人にとっては、 分からなくて当然ですよね。

ワインにとっての理想の保存状態というのは
「温度12~15℃ 湿度70~75%
 温度変化や 振動がなく、紫外線も遮断された環境」です。

良い環境で保存されたワインは、瓶の中でも
熟成をし続けるという特徴をもった飲み物です。

人間だって長時間車に乗り続けたら疲れますし、
一日中炎天下にいれば熱中症にもなります。

ワインも同じで、保存状態によっては疲れてしまい、
本来の味わいを損なってしまう場合があるのです。
せっかくなら、風味の劣化をできる限り最小限におさえたいもの。
では、保存の際、ワインに悪影響を与える恐れがある要因には
どんなものがあるか見てみましょう!

まずは、【温度】
ワインは、とってもデリケート。

夏の暑さや冬場の寒さなど、意外と部屋の中って
外気の影響を受けていますよね!?
激しい温度変化はワインにとって、大敵なんです!

数カ月以上、ワインを長期保存するなら28℃を超える
環境は避けましょう。特に、温度の上がりやすい
キッチン周りでの保存は避けてくださいね。また、0℃以下では
水分のみが凍結してしまいますのでご注意を。
後で温度を上げても、本来の味わいを損なっています。

また、ついついやってしまいがちですが、家庭の冷蔵庫も
長期保存には向きません。買ったワインを何カ月も冷蔵庫に
いれっぱなしでは、風味に悪影響を受けてしまいます。
冷蔵庫は5℃前後に設定されていることが多いため、
ワインにとっては冷え過ぎです。
ワインを入れるなら、飲む数時間前に。

次に、【光】


光にあたるとワインの風味が劣化してしまいます。
紫外線は微量でも絶対に避けてください。

驚かれるかもしれませんが、蛍光灯や電灯などの光もNGです!
光の入る部屋の中に置きっぱなしや、窓際に立てておくなど
言語道断。光を避けて、暗い場所で保存しましょう。

三つめは、【振動】
長時間振動を与え続けると、ワインが傷んでしまいます。
よくあるのが、冷蔵庫のドアポケット!

実は、ドアを開け閉めする度に本来の美味しさが
どんどん失われていくのです。赤ちゃんを寝かしつけるように、
ワインはぜひ静かなところで休ませてあげてください。

四つ目は、【臭い】


ビールを飲む時『のど越し』が重要なのと同じく、
ワインでは『香り』を楽しむのも醍醐味のひとつ。

ワインは他の食べ物と一緒に保存すると、
臭いを吸収してしまいます。臭いの強い食材、
例えば「キムチ」などと一緒に保存するのはNG。
冷蔵庫での長期保存は避けてくださいね。

最後は、【乾燥】
コルクを使用しているワインの場合は、
瓶を立てたまま長期間保存するとコルクが乾燥して縮んでしまい
隙間から空気が入り、酸化の原因になります。

お店などで、ボトルを横に寝かせて置いているのはこのため。
発泡性ワインでは、ガスが抜けてしまう原因にもなりますので
注意しましょう!

ワインの保存のNG要素を簡単にクリアできるのは、
なんと言ってもワインセラーです。

ワインの「まとめ買い」や、
「何年か長期間保存したい!」という方には、セラーがおすすめ!
最近はリーズナブルな価格のセラーもあります♪
長期保存用のワインセラーは、コルクの乾燥を防ぐため
湿度の調整機能もついています。
女性のお肌と同じく、ワインにも潤いが必要なのです。

でも、あまりワインに馴染みのない方は
「セラーなんて・・・」とためらいますよね。

ワインを買った後やもらった後、すぐに飲めたらいいのですが、
なかなかそうは行きません。
飲むまでの数日程度置いておく場合は、自宅で「静かな冷暗所」
を見つけて保存してください。
もちろん、コルク栓を使ったワインは「横に寝かせて」。

 

大事なワインを楽しめるように、暗くて、静かで、涼しい場所で
ワインを寝かせてあげましょう♪

お問い合わせはこちらから

カテゴリー内記事一覧

カテゴリ一覧

人気の記事

コルク栓の開け方

2017年6月9日

「もう失敗しない!」コルク栓の開栓が苦手な方必見!開けやすい道具選びと、使い方のコツをご紹介します!

ワイン栓やキャップの種類

2017年8月31日

ワイン栓と言えば、コルク。そのコルクにも様々な種類があるんです。普段あまり見かけることがないコルク以外の栓もご紹介します!

スクリューキャップの開け方

2017年6月16日

ワインボトルに使われている「スクリューキャップ」の開け方のコツ、お教えします!

一覧を見る

おすすめ記事

ワインボトルの底にたまるオリ

2017.09.21

ワインの瓶底に何かの沈殿物が…それは「オリ」かもしれません。

残ったワインの保存方法は?

2017.09.15

残ったワインを上手く保存することで、長く楽しむことができます。知っておくと役立つ、保存方法をご紹介!

2種類以上ワインを飲むときの美味しい順番

2017.08.18

タイプや種類の違うワインを2種類以上飲むとき、どれから飲むか迷ってしまうことはありませんか?飲む順番のコツを知っていると、ワインの美味しさがさらに広がります!

一覧を見る