モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. into Wine
  3. よくあるお問い合わせ

into Wine そこが知りたい、ワインのキホン

よくあるお問い合わせ

「賞味期限は?」「開け方は?」みんなが知りたいよくある質問にお答えします!

ワインボトルの底にたまるオリ

 

ワインの瓶底に何か沈殿物がたまっているのを、
目にされたことはありませんか。

初めて、このモヤモヤしているものを見たら
びっくりされると思いますが
これは『澱(オリ)』と呼ばれるものです。

特にボトルのまま長期間寝かせたような古酒には
大量のオリが発生していることがあります。

ワインの成分が沈殿物として
現れたものですので、ご心配はいりません。

オリには色の薄いものもあれば、濃いものもあり
大きさもまちまちです。決まった形もありません。

こちらは収穫から10年ほど経っている白ワインのオリ。
結構な量です。瓶底に沈殿しているほか、液中にも
小さなオリが舞っているためワインが濁って見えます。

4時間後・・・・
オリが沈むとワインの濁りがなくなりました。

オリは一旦舞い上がると再び沈むまで数時間~数日かかる
ことがあります。オリのあるワインの瓶は、むやみに
傾けたり振動を与えると濁ってしまいますので、
やさしく、注意深く取扱ってくださいね。

こちらは赤ワインのオリ。

白ワインほど見やすくありませんが
ワインの底に塊やモヤモヤしたものが見えます。

ワインは不思議なお酒で、瓶に詰められた後も熟成し続ける
という性質をもったお酒です。

熟成が進む過程で、ワインの液中に溶け込んでいる成分が
徐々に目に見える不溶性の物質として現れたものが
「オリ」となって沈殿していきます。

ワインに含まれている成分の中には、
「タンパク質」、渋み成分である「タンニン」、
「ポリフェノール」、「酒石」、
赤ワインの色素成分である「アントシアニン」
・・・など様々なものがあります。

このオリが沈殿した状態は、
余分な渋みが抜けた状態とも言えるのです。

その上澄みであるワインは程良くまろやかになっています。
もともとワインの成分として溶け込んでいたものですので
健康に害を与えるものではありませんが、
口に入るとザラついたり、違和感がありますので
グラスに入らないようご注意ください。

なお、瓶詰めの際にあらかじめ「オリ」や「酒石」を
取り除く目的でフィルターを使用しますが、
目の細かいフィルターを使用すると
ワイン本来の風味を損なってしまうこともあります。

「旨味」をたっぷり残したい!
という生産者はろ過をしないこともあります。

「ノンフィルター」を謳っているものは、あえてこの
フィルターを使わずタンクの中でオリを沈殿させ
その上澄み部分を瓶詰めしたワインなんです。

オリが発生しているワインを飲む時には、
瓶底に沈むまでしばらく瓶を立てておきましょう。
振動を与えないよう静かに栓を抜き、そっと、そっと・・・

オリが舞い上がらないよう、愛情を込めて
静かにグラスへ注いでください。。。

ちなみに、まじまじと見ることはありませんが
ワインボトルの瓶底の中心がくぼんでいるのは
ワインをグラスに注ぐ時に瓶底に沈んだオリを
舞い上がりにくくするためなんです。
      ・・・ちゃんと考えられているんですね。

オリのあるワインも、扱い方がを分かれば美味しく頂けます♪

※酒石はワインのダイヤモンドはコチラ※

お問い合わせはこちらから

カテゴリー内記事一覧

カテゴリ一覧

人気の記事

コルク栓の開け方

2017年6月9日

「もう失敗しない!」コルク栓の開栓が苦手な方必見!開けやすい道具選びと、使い方のコツをご紹介します!

ワイン栓やキャップの種類

2017年8月31日

ワイン栓と言えば、コルク。そのコルクにも様々な種類があるんです。普段あまり見かけることがないコルク以外の栓もご紹介します!

スクリューキャップの開け方

2017年6月16日

ワインボトルに使われている「スクリューキャップ」の開け方のコツ、お教えします!

一覧を見る

おすすめ記事

ワインボトルの底にたまるオリ

2017.09.21

ワインの瓶底に何かの沈殿物が…それは「オリ」かもしれません。

残ったワインの保存方法は?

2017.09.15

残ったワインを上手く保存することで、長く楽しむことができます。知っておくと役立つ、保存方法をご紹介!

2種類以上ワインを飲むときの美味しい順番

2017.08.18

タイプや種類の違うワインを2種類以上飲むとき、どれから飲むか迷ってしまうことはありませんか?飲む順番のコツを知っていると、ワインの美味しさがさらに広がります!

一覧を見る