モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. into Wine
  3. よくあるお問い合わせ

into Wine そこが知りたい、ワインのキホン

よくあるお問い合わせ

「賞味期限は?」「開け方は?」みんなが知りたいよくある質問にお答えします!

ワインに賞味期限はあるの?

 

ワインのラベルを見て、
「どこにも賞味期限が書いてない~!!」 とか、
「ワインってずっと置いておけば美味しくなるのかな?」
・・・と思われた方、必見です。

一般の食品と違い、ワインに「賞味期限」の表示はありません。
未開栓の状態で、長期保存していたワインを飲んでも、
長く置いておいたことによる、身体への悪影響はありません。

しかし、ワインには「早く飲んだ方が良いもの」 と
「じっくり熟成させた方が良いもの」があります!

ワインのタイプによって、飲み頃時期が異なるため
美味しさのピークを越えてしまうと、
本来の味わいではなくなっていることがあります。
長期熟成をさせても、全てのワインが美味しくなる訳では
ないんです!

この飲み頃時期は、保存状態によっても大きく変わってきます。
ヴィンテージ(原料ブドウの収穫年)の記載があるワインを
最適な状態(振動と温度変化の少ない冷暗所)で保存した場合の
大まかな飲み頃時期をワインのタイプ別に
ご紹介いたしますので、
迷ったときはこちらを目安にご判断ください。

● 新酒(ヌーヴォ・ノヴェッロ)・・・・6ヶ月以内
● 軽いタイプの白・ロゼ・・・・・・・・1年~2年
● 軽いタイプの赤・・・・・・・・・・・1年~3年
● ややコクのある白・ロゼ・・・・・・・2年~5年
● ややコクのある赤・・・・・・・・・・2年~8年
● コクのある白・・・・・・・・・・・・3年~15年
● コクのある赤・・・・・・・・・・・・3年~50年
● 貴腐ワイン・・・・・・・・・・・・・3年~80年

※実際にはもっと寿命の長いワインもあります。
上記は一応の目安としてご理解下さい。

軽くてリーズナブルなタイプのワインは、
フレッシュ感を楽しむものが多いので、できるだけお早めに!

そして、長期間熟成に向くコクのあるタイプを
数年~数十年後に楽しめるよう、うまく熟成させるためには
必ずワインセラーで保存してくださいね。

 

※ヴィンテージって何?はコチラ※
※ワインの最適な保存方法って?はコチラ※

お問い合わせはこちらから

カテゴリー内記事一覧

カテゴリ一覧

人気の記事

まだデータがありません。

一覧を見る

おすすめ記事

ワインボトルの底にたまるオリ

2017.09.21

ワインの瓶底に何かの沈殿物が…それは「オリ」かもしれません。

残ったワインの保存方法は?

2017.09.15

残ったワインを上手く保存することで、長く楽しむことができます。知っておくと役立つ、保存方法をご紹介!

2種類以上ワインを飲むときの美味しい順番

2017.08.18

タイプや種類の違うワインを2種類以上飲むとき、どれから飲むか迷ってしまうことはありませんか?飲む順番のコツを知っていると、ワインの美味しさがさらに広がります!

一覧を見る