買って!めくって!その場で当たる!?豪華景品プレゼント!?ボージョレ・ヌーヴォ・キャンペーン!

ボージョレ・ヌーヴォってどんなワイン?

ボージョレ・ヌーヴォって?

ボージョレ・ヌーヴォって

「ボージョレ」=地区名 「ヌーヴォ」=新しい

ボージョレ・ヌーヴォとは、
簡単に言えばフランスの有名ワイン産地であるブルゴーニュ地方にあるボージョレ地区で出来た新酒のことを言います。

ブドウは秋に収穫されてワインになるのですが、ボージョレ・ヌーヴォはその年のブドウから出来てその年に楽しく飲めるよう、フレッシュで果実味豊かなワインになることが多いのです!

魔法の品、ガメイ

魔法の品、ガメイ

ガメイがなければボージョレ・ヌーヴォは存在しなかった!

ボージョレ・ヌーヴォの品種である、「ガメイ」は現在ほとんどボージョレ地区で栽培されています。
このガメイというのはボージョレ地区特有の土壌(粘土石灰質と花崗岩質)に最適の品種なのです。

ガメイはフルーティで、アロマがすぐ現れ、若いうちに飲むのに適するワインです。新酒には特に適しているといわれます。ガメイがなければ、ボージョレ・ヌーヴォは存在しなかったのです!!

ボージョレ・ヌーヴォ、解禁!

ボージョレ・ヌーヴォ、解禁!

Le Beaujolais Nouveau est arrivé
(ボージョレ・ヌーヴォ到着!)

世界共通、11月の第三木曜日がボージョレ・ヌーヴォの解禁日です!

その日、フランス内外からボージョレ・ヌーヴォの解禁を祝うために人々がボージョレ地区に集まってきます!まさに、「ボージョレ・ヌーヴォ到着!」とばかりに今年の新酒を楽しんでいます。ボージョレではヌーヴォ解禁にあわせて、ボージョレ・マラソンや新人歌手祭典、大食祭など、いろんなお祭りが開かれます。

そう、ボージョレ・ヌーヴォはどこでも誰でも楽しむことの出来るお祭り!ボージョレ・ヌーヴォ到着を祝うのに決められた方法はないのです。

解禁日について

解禁日について

解禁日の歴史

1951年に、その年のワインは12月15日以降にしか販売できないと決まりましたが新酒に適しているボージョレを作る生産者がボージョレを早く販売したい!という申請をおこし、許可されます。

それから15年間は解禁日が定められなかったのですが、1967年に解禁日を固定することとしボージョレ・ヌーヴォの解禁日が毎年11月15日午前0時と定められました。

その後、1985年に新しい改定があり世界共通、11月の第三木曜日がボージョレ・ヌーヴォの解禁日として指定されることになりました。

世界共通だからこそ「日、出ずる国」の日本は世界で一番早くにボージョレ・ヌーヴォを楽しめる国なのです!!

日本での楽しみ方:ステップ1

日本での楽しみ方:ステップ1

まずは乾杯!!

まずは難しいことを考えないで、(新酒祝いついでに?)大切な方とのコミュニケーションに、ボージョレ・ヌーヴォで乾杯!!

「ボージョレ・ヌーヴォ到着」を楽しみましょう!ヌーヴォの楽しみ方は人それぞれ。どんな国でもどんな文化でも、誰でもがどこでも楽しめるこのお祭りに乗っかりましょう!!

日本での楽しみ方:ステップ2

日本での楽しみ方:ステップ2

生産者飲み比べ!

たくさんの生産者がボージョレ・ヌーヴォを作っています。

つまり、「造り手の数だけボージョレ・ヌーヴォがある」のです!
しっかりした味わい、フルーティな味わい、スパイシーな味わい、繊細な味わい、などなど。造り手さんの数だけいろんなタイプのボージョレ・ヌーヴォが存在します。いろんな人が造る、ボージョレ・ヌーヴォ。

この機会にお気に入りの生産者を探してみよう!!
どうせ飲むなら、お気に入りの生産者を見つけるのも粋じゃありませんか!?

ボージョレ・ヌーヴォだけじゃない!1

ボージョレ・ヌーヴォだけじゃない!1

「ヴィラージュ」ものとは??

ボージョレ・ヌーヴォがボージョレ地区で出来た新酒であれば、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォはボージョレ地区の限られたエリアのみから出来た新酒です!

ヴィラージュ・ヌーヴォは言わばワン・ランク上のヌーヴォなのです!

ボージョレ・ヌーヴォだけじゃない!2

ボージョレ・ヌーヴォだけじゃない!1

マコン・ヌーヴォとは??

ブルゴーニュにはマコネという地区があります。

ボージョレの北に位置するマコネでは、シャルドネから優れた白ワインとして知られる「マコン」が造られています。実はこのマコンにもヌーヴォ(新酒)があるんです!

今や「白いヌーヴォ」としてボージョレ・ヌーヴォと並ぶ祝い酒として世界で楽しまれています。